タグ「WEB」が付けられているもの

大手企業だからとか人がたくさんいるからとかってのは関係無いと言えるのがWEBの世界。 もちろん資金が豊富であったり、人がたくさん張り付ける状況であったりする企業はいろいろなことが出来るので有利です。 とはいえ、小さな会社や事業所でもやり方次第でWEBが何人分もの働きをしてくれます。 営業マンがゼロで
中小企業がWEBを使って上手く集客をし、売上を上げていくかについて。   最低でも1,000ページは用意している必要があることは述べました。 1,000ページとなると、かなりのボリュームですが、このくらいに来て初めてスタートラインに立つような感じでしょうか。   で、その大量のページをどうやって作成
中小企業や小規模企業、個人事業主がWEBで集客して売上を上げるにはどうすれば良いか。   答えを知っている方はやっていますよね。 WEBというのは企業ホームページやECサイトですし、ブログやSNSもそうですね。 私はこういうのを主としてコンサルティングして、それで売上を賄っているわけでもありません。

情報過多でどう集客するか

情報があまりにも多すぎる時代です。 集客ツールにもいろいろとありますが、何を選べば良いのかも迷います。 TV・新聞・雑誌の単純広告、記事広告から折込チラシ、DM、ポスティング、メルマガ、SNSにWEBやブログ。。。 AdWordsなどのWEB広告もあるし、アフィリエイト型の広告もある。youtube
ちょっと厳しい言い方になりますけど、実際にそうなんです。 どういうことかと言うとですね、「会社案内どまりのホームページはムダでしかない」ということです。 会社案内をホームページに直したものが多いですよね。 それで「ホームページはあるけど、受注や問い合わせに結び付かない」って文句言ってる方がいます。

順調そうで何より

今日は前から伺っている会社へ。 近くのもう1件の会社も立ち寄り。 WEB関連で支援している会社さん。 そこではECサイトの構築のフルパッケージ。 ECサイトはオープンしてしばらくになります。 経過を伺うと、これが順調な結果を出しています。 売上の方は波もありますけど、顧客数はかなり伸びてきています。

ホームページの見直しは?

ホームページを持っている企業もご存知のように随分多くなっています。 さて。  会社のホームページは作ったら作りっぱなし、というHPが多いのも確かです。   見直しって、そうそう頻繁には行わないんでしょうかね。 それでいけるなら、言うことありません。 でも、本当にいけてます?って思うんですね。 HPか