補助金や助成金を貰うことを目的にしたらダメ

今の時代、中小企業向け、小規模企業向けの補助金や助成金がたくさんあります。

私たち中小企業診断士はそれらの補助金・助成金を紹介する立場にありますが、あくまでも経営をする上で該当するならば申請してみればどうでしょうか、というのが本来の姿です。

しかしながら、「これらの補助金・助成金を申請しませんか?」というのを商売のネタにしているコンサルタントや診断士がいることも事実です。

申請書を書く支援をして、補助金・助成金の認可が出れば、その内のいくらかを徴収するという約束をしている方がいるようです。

 

このやり方ですと、「補助金・助成金をもらうことが目的化」しているので、商売を良くすることが、どうも「後回し」になっているのでは?と思うわけです。

 

補助金・助成金を貰うのを悪いとは思いませんが、そういった資金を当てにして商売をすると、コスト計算などが甘くなり、収支が狂いやすくなる感じを持っています。

条件に合えば返済不要の資金というのもありますが、その条件に合うように商売を変えていくのでは、本末転倒では無いのか?

 

私は補助金・助成金に関わる仕事で個別の企業に紹介したり、申請書作成支援をするような依頼は受けておりません。

根本的な考えとして、上記のようなことがあるためです。

また、補助金・助成金を貰わなくても、商売として十分成り立たないと、そもそも論で商売として疑問符が付くわけです。

 

公的資金を貰うことを前提にしたビジネスモデルやらは、概して中途半端な結末になりがちです。

どこかで経営が甘くなるというか、考えていないというか、他人任せというか。。。

私の仲間内で言えば、上手くやっている会社では、補助金・助成金を貰って商売をしていないのです。

そういう申請をすることが面倒で、そんなことやっている暇があれば、お客さんとの時間に使いたいという感じです。

実際、そのほうが売上も利益も多くなりますからね。

 

多くの会社を見てきていますが、「補助金や助成金というのはたまたま該当するから・・・」的な場合を除いて、進んで申請するようなのはどうかと思うわけです、正直なところ。

こんなことを言うから怒られたりするのですが、儲かっている会社や頑張ろうって会社は公的資金にあまり頼っていないわけです。

 

このところ、こういう補助金・助成金を悪用したような話もチラホラと見聞きしますが、「貰うことを目的にしている」とそりゃぁどこかで辻褄が合わないというか、無理が出て来て、ボロが出ますよね。

会計検査院の対象なので、いい加減なことをしていれば、やられますよ、本当に。

 

それと、悪質な詐欺のような話もありますから、セミナーなどにもご注意を。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加