ブログ更新停滞の理由は?

ブログの更新をしておりません。

また、SNSでも発言を差し控えております。

 

更新が停滞している理由・・・

以前にも少し触れたかと思いますが、端的に言えば、「とある事案がまだ終わっていないため」です。

 

私個人も家族もうちの会社も関係が無いことは明白なのですが、争いごとに巻き込まれるのはご免です。

訴訟を何件も起こされ、そのために5年もの時間を費やさされ、仕事にも大きく影響しました。

以前に行っていた家具販売事業はそれら訴訟と嫌がらせや風説の流布で辞めることになりました。

 

これらの経験は経営コンサルタントの上では貴重な経験とはなっておりますが、失った代償も大きいわけです。

家具販売事業での各種投資はすべてが無に帰しているわけで、これは戻ってきません。

埋没投資という考えに切り替えるものの、負債でしかありません。

現在行っている事業で埋没分を取り戻すような考え方をしては、適正な商取引を継続しにくくなります。

あくまでも適正な商取引を、真摯な活動をしてこそだと考えています。

身を切ることで過去の負債を少しずつでも減らしていますが、なかなかシンドイものです。

 

一生懸命に頑張ってやっていて、予想もしない事態に巻き込まれてしまうことがあります。

予想をしていれば、被害を最小限に抑えられると言えますが、渦中にいれば見えないこともあり。。。

それでも最小限の被害で乗り切ることができたとは思います。

 

で、話を戻すと、とある事案がまだ終わらないうちは、ブログやSNSでの発言は控えているというわけです。

こちらに非が無いとしても、「ねつ造、歪曲、曲解、誇大表示」などを持って、彼らの捻じ曲がった考えに沿ったストーリーを作られたり、風説の流布をされたりするのを避けるためです。

本当は真実を知っている者としても言いたいことはたくさんありますし、証拠も持っているのです。

それを誰がどう取り扱うかですが、民事で済まない話があっても、こちらももう関わりたく無いので、黙っているわけです。

まあ、刑事事件になっても誰も得する話でもありませんし、こちらも迷惑を被ることも考えられる。

ただ、人間というのは狂うと何をするかわかりません。

ですから、関わらないのが一番。

そして、今のような時代では、トラブルが起こっている、起こりそうなときは、寡黙にしているのが一番。

 

まあ、私に訴訟を起こしても、負けるのは提訴した側なのは自明ですから、訴訟はしてこないでしょう。

今度、根も葉もないようなことで提訴してきたら、民事では済まないことになることも分かっているでしょうし。

警察と検察にだって既に記録は残しているんですからね。

 

まあ、そんな背景がまだ続いておりまして、ブログやSNSでの更新を極力控えているわけです。

それにしても、この6年余りの間、いろいろなことが起こりました。

経験と併せて勉強したこともたくさんありますし、これらの経験と知識をこれからどう活かすか。

とある事案が終結すれば、言えることも、書けることもあるでしょうかね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加