中小企業がWEBで集客して売上を上げるには・・・

中小企業や小規模企業、個人事業主がWEBで集客して売上を上げるにはどうすれば良いか。

 

答えを知っている方はやっていますよね。

WEBというのは企業ホームページやECサイトですし、ブログやSNSもそうですね。

私はこういうのを主としてコンサルティングして、それで売上を賄っているわけでもありません。

経営コンサルタントでの主な仕事は企業の資金面や財務面の話や金融関係との調整役です。

また雑誌などへの記事を書いたり、書類を審査したりなんてこともやっています。

とは言いつつですね、当社の本業は別のインテリア関連です。

 

どれも主としてWEBからお問合せをいただいて、それが受注につながっていることには変わりありません。

そりゃあ、たまには紹介もいただきますが、うちでは営業という営業活動は誰もしていませんので、基本はWEBに頑張ってもらっています。

で、どうやっているのかというと・・・

まあ、それなりに工夫と苦労もしていると言えるでしょうね。

ただね、有料の広告は基本的にはやっていないわけです。

 

有料のWEB広告は使ったことはありますよ、それなりに。

ただ大手じゃないので、何でも出来ますでもありませんから、広告はあまり適さないんですね。

それと、チラシなどの紙媒体も広告は出していません。これも同じ理由です。

インテリアも経営コンサルもどちらも特化した感じがありますので、マス的な広告はイマイチなんですね。

 

その代わりにやることというと、WEBでいろいろと言う、ということですかね。

具体的なことをいまこの場で述べるのは大変ですが、あれやこれやと情報を出すということにしています。

事細かに言っても読むのも面倒になりますが、文章はコンパクトであっても分かりやすいように気を付けています。

それと、これは大事にしています。

「お客様は何を知りたいのか?」

 

インターネットは何かを知りたい、見つけたい、深く知りたい、買いたいなどの「○○○したい」という願望が根っこにあります。

その「○○○したい」が何かということを想像しつつ、こういうことを伝えていけば、お客様にとって意味あるかも知れない、って感じを常に持ちつつ、WEBのページを作成したり、画像を加工したりしています。

お客様の「○○○したい」という願望に弊社のWEBがマッチすれば、いつかお問合せにつながります。

お問合せにつながれば、お互いに連絡したり、電話したり、会ってお話を聞いたりできます。

そうすれば、お問合せを貰ったうちの半数以上は契約に至ります。

 

お客様が真剣であればあるほど、インターネットであれこれと検索しており、さらに訪問したWEBサイトをくまなく読み込んでいます。

そしていくつかのWEBサイトを見た中で、お問合せをすることになるわけで、お問合せも何件にもするわけじゃない方がほとんどです。

大抵の場合、お客様はWEBサイトの中身や写真や事例から、自分に合うかどうかを直感的に捉えていると思われます。

お問合せから電話や直接お会いする時点でもお客様は合うか否かを確かめています。

ですから、WEBで何を書いて、どんな情報を発信していくか、というのはとても重要なんです。

 

また、ブログやSNSでも同じです。

ただ、ツイッターやインスタやFBなどのSNSだと面白い感じが無いと読む気もしないでしょう。

それにSNSでは宣伝文句があると、どうしても嫌悪感さえも湧いてきますよね。

ですから、SNSというよりはWEBとブログをメインにして、SNSはサブにするわけです。

これらをミックスしながら、リンクでクロスさせていく。

WEBサイトやブログなどを駆使して、全体のページ数を最低でも1,000以上は持つ。

10ページのWEBでも裏で厚みがあるサイト構成なら、結構な集客につなげられます。

こういうことを地道にやるしかないんですよね、実際には。

派手にやればいいと言うわけでもありませんので、派手にやりたい方は私はお手伝いしていません。

 

てな具合でとても地味で地道な根暗な感じもしますが、ひとつひとつの積み重ねがしっかりしていないと、検索エンジンのアルゴリズム変更などのちょっとしたことで、検索結果がガラリと変わるようなことになります。

地味で地道で根暗で、ってコツコツやったWEBはそれこそ地味ですが、周りの変化にそれほど影響を受けません。

それに安定しているので、真剣に探しているお客様ならどこかで出会うことができます。

 

まあ、こんなつまらないお話ですが、これで売上を上げたいって方はどうぞ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加