情報過多でどう集客するか

情報があまりにも多すぎる時代です。

集客ツールにもいろいろとありますが、何を選べば良いのかも迷います。

TV・新聞・雑誌の単純広告、記事広告から折込チラシ、DM、ポスティング、メルマガ、SNSにWEBやブログ。。。

AdWordsなどのWEB広告もあるし、アフィリエイト型の広告もある。youtubeも。

 

広告にはプッシュ型とプル型があることは知っていますよね。

プッシュ型は事業者側から一方的に配信・配布するようなもの。

プル型は顧客側から調べて取得してくれるもの。

ざっくり言えば、そんな感じです。

 

(そうそう、いつも基本的に小規模事業者と中小企業向けに書いていますので、あしからず。)

 

どちらが良いのかというのは、業務の内容や対象エリアや顧客獲得数などによります。

プッシュ型というのは、一方的に垂れ流しのような広告ですので、広告費予算をある程度必要とします。

WEBの検索連動型広告もどちらかと言えば、プッシュ型に近いものですので、予算は相当必要です。

広いエリアと多くの顧客を集めたい場合は、このプッシュ型広告が効果的ですね、もちろん。

 

ただ、空振りになることもありますので、小さな会社や事業主は考え物です。

それでも広く認知してもらい、顧客の目に留まって、一人でも多く来てもらいと考えれば、プッシュ型広告は必要です。

小規模事業者、中小企業の場合、地域の新聞や情報誌などを活用していますね。

配布エリアと来店する顧客の居住エリアが重なっていて、何度も顧客の目に付けば、必要があれば来てくれるでしょう。

そこにWEBやSNSを絡めておくと、思い出して探してくれることもありますから、プッシュ型広告の意味が出ますね。

 

で、こういうやり方が良いのはどんな業種か?

生活必需品とか身の回りのものとか、毎週・隔週・毎月など定期的に消費するものですかね。

衣食住で言えば、「衣」「食」ですか。あと、歯医者さんや内科などの病院も入りますかね。

最近は微妙ですが、バイクや自動車も入りますね。

 

 

一方、衣食住の「住」関連というのはプッシュ型広告は結構予算倒れ的になる可能性もあります。

必要としていない方にとっては、必要と思うまでは、どんな広告も媒体も無視して、捨ててしまいます。

ですから、専門家(建築士、弁護士、司法書士、コンサルetc.)などの業種も同じです。

で、プッシュ型広告は極論としては必要ないという感じです。

とはいえ、何もしないとお客さんは来てくれません。

で、どうするか。

プッシュ型ならば、書籍を書いたり、専門誌に記事を書いたり、広告を載せるようなことをしますね。

基本はプル型をしっかりと固めておくことです。

いま時なら、WEB検索にヒットすることなので、WEBサイトをきっちりと作り、SEOもきちんとやり、情報発信を定期的にしておくことです。

また、専門的なWEBサイトにも情報登録しておいたり、業界団体にも登録しておく。

あとは資料請求の際に配布するツールを用意しておく。(WEBでほとんど対応できますけどね。)

情報公開は出来る限りしておくことが大事ですよね。

住関連や専門家などは必要となったとき、どうなのかを詳しく知りたいですからね。

いろんなことを詳しく丁寧にWEBで公開していれば、その人や会社のことが理解できるし、合う合わないもある程度感じ取れるものです。

 

この辺りは分かっているようで、実際はなかなかWEBの中に落とし込めていない事業者さんが多いようです。

というのもWEB制作を自社でやるところは試行錯誤をしますが、業者任せの場合は勝手がきかないですからね。

伝えたいことを伝えたいときに、ってタイムリーさや熱さってのが損なわれてしまいますものね。

とはいえ、それをSNSや無料ブログででも補えるんですがね。

まあ、日常業務が忙しいとブログやSNSまで手が付けられないってことが多いようですけど。

だがしかし、先の、将来のお客さんのことを思えば、やはり常日頃からある程度の情報発信と更新は必要ですね。

 

うちなんかね、まったくと言うくらいプッシュ型広告はやらないんです。

だってね、専門的な仕事なのでね。

だがしかし、情報発信というものはしておりましてね。

それがどう影響するかどうかは別として、良いお客様しかいないんですね。

まあ、不思議なものですよ。ブログやSNSとかも読んでくれているんですよね。

結構、危ないことも書いているんですけど、その辺りも含めてうちがどういう会社なのかを分かってくれているみたいです。

 

まあ、情報過多でどう集客するか、これはどんな良い会社でも永遠に尽きないテーマです。

その辺りでどうにかしたいって思われていたら、声掛けてみてくださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加