インテリアコーディネートにおける差別化

インテリアコーディネートを事業のひとつにしております。

インテリアコーディネートというのは資格商売でもありまして、専門知識と豊富な経験がなければ、なかなか良いものは出来ないというところがあります。

また、個人のスキルとセンスに依存する面が大きいため、手掛けるコーディネートは各人各様のところがあります。

(IC同士だと細かな違いがスグ分かるのでしょうが、一般にはどこが違うのか分かりにくいことも。)

 

個人のセンスとスキル等に依存するとはいえ、その前にクライアントさん(お客様)のご意向が大前提ですから、正直なところ、お客様とIC(インテリアコーディネーター)のフィーリングが合うと、お互いにとって良いものが仕上がります。

気が合うもの同士であれば、アイデアもいろいろと湧いてくるでしょうし、意見も言い合えたり、言葉にできなくても感覚で伝わったりもします。

ですから、こういうマッチした場合、お客様もICも楽しいものです。

 

ということを書くと、気が合わない場合はどうなのか?なんてことを気になさる方もいらっしゃるでしょうね。

もちろん、最初から気が合うかどうか、なんて誰も分かりませんよね。

それを補うのが、まあある意味でWEBやブログや書籍などの情報でしょうかね。

いまの時代は検索して、探してみて、フィーリングが合うかな?安心していい相手かな?などを事前にある程度知ることができますね。

それに、合う前に「お問合せ」をEメールや電話でもできますしね。

ですので、インテリアコーディネーターに聞いてみたい!なんてときはEメールやお問合せフォームを活用してみればいいわけですね。

 

そうそう、うちのインテリアコーディネートでの差別化の話です。

ICはたくさんいますので、うちを選ばれる方も限られてしまいます。

ただ、うちを選んでいただけた方は、おそらくかなり結果的にラッキーということが多いんじゃないかと思います。

差別化している部分がありまして、実は表向きにWEBで説明も書いていないんですね。

附随するサービスと捉えているので、あえて書いていないだけです。

 

どんなことか言えば、

インテリアのコーディネートをするだけじゃなく、家具やカーテン、雑貨などいろいろ扱いますし、PCやAV機器のことも扱います。

それこそ買い物代行からはじまって、納品設置や組み立て、PC等のセッティングや初期設定も。

内装工事や家具工事もやりますしね。(各専門業者さんと連携もしていますし。)

室内のことは大体扱えるようにしているので、うちに依頼すると家中のことをワンストップで頼めるようになることがとても便利みたいです。

うちと付き合っていると、ちょこちょこっとした部品交換からやりますから、今まで使っていた家具の不具合なんかも「ついで」に頼めるわけです。

こういうのをいちいち業者に頼むと、それなりに費用が掛かる話ですし、正直安心して頼めるかどうかも不安なものです。

いろんなことを手掛けられるようにしていますので、そこが差別化のひとつでもあり、また「何でも聞いてみよう」と思っていただけるポイントでもあります。

 

それと、何でもやれるには、いろんな工具や道具、部品を持っている必要もあります。そこも差別化に貢献している部分ですね。かなり地味ですが。

まあ、うちはオーダーメイドでの家具をやっていた経緯もありますから、いろんな道具や工具を持っていただけですがね。とはいえ、一から揃えるとなるとなかなかでしょう。

あと、まだ差別化要因はありますが、またの機会にしましょうかね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加