事業資金を探すなら

事業用の運転資金や設備資金が必要という場合、どうしますか?

日ごろから資金繰り表を付けて、多めの資金を確保していれば、困ることはありません。

とはいえ、事業では儲かるときもあれば、儲からないときもあります。

また急な出来事が起こることもあります。

入金のズレがあれば、手持ちが不足することさえも起こり得ます。

 

そういう、ちょっとした資金の際、中小企業や小規模企業では社長や役員が緊急で用立てすることも多いでしょう。

それもいいです。少額であれば。

ただ、ちょっとまとまったお金が必要となるとこれは面倒です。

 

銀行とか信用金庫とかで今日申し込んで即日融資してくれるならいいですけど、なかなかそうはいきません。

速くても数日~1週間くらいは待たされますよね。

それで間に合えばいいですが、そうはいかない時もあります。

ちょっと業績が悪ければ、申し込んでも断られることもあります。

 

断る銀行はいいですが、何も返事もしないところもあるときも。。。

事業をやっているほうからすれば、融資を断られて、その事業を止めるわけには行きませんね。

資金がいるなら、どうしても資金を用意しないといけないんですから。

  

そういうときはどうするか?

素早く用立てられるローン会社も知っておくべきです。

一時的に利用するってのでもいいですし、条件が良ければ長く付き合えばいいわけです。

 

信用保証協会付で一般保証だと保証料も取られるし、そこに金利が乗るわけです。

ローン会社でも不動産等の担保付きで申し込みすれば、変わらないレベルですから。

 

そもそもの話ですが、銀行以外の金融機関から資金調達してもいいわけです。

大手企業だって、金主といわれるような投資家から平気で借りています。

事業は続けることが大事なのであって、借りる相手が危なく無ければ、何の問題もない。

元銀行員でこういうことを言うと叱られるんだろうか。

でも、タイムリーな生きたお金の使い方が重要なんですよね、商売ってのは。

(銀行にはそういう考えは言っても聞く耳持つ人が少ないんです。)

 

考え方だと思うんです。

しんどい、面倒くさい思いをして、嫌味のひとつも言われる相手から借りるお金ははっきり言って「ケチがつく」わけです。いい思いはしないです。

支援、応援してくれる、頑張って!って出してくれるお金は上手いこと行くものです。

そういう意味でもローン会社の方々は気持ちが良いことが多いですね。

私は紹介する立場ですが、彼らと話していると一生懸命なのが伝わってきますしね。

もちろん、お金を貸すことが彼らの商売なので、取引先が増える、融資額が増えることに頑張っているわけではありますけどね。

でも、いろいろと差し引いても、いまのローン会社さんたちは良くなったなと思うんです、正直に。

取引先のビジネスの支援に力を入れるところもありますしね。

 

そんなローン会社さんを紹介していますので、また覗いてみてください。

ビジネスローン、事業性ローン、不動産担保ローンの会社検索と比較一覧はこちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加