融資のコンサルタント

融資のコンサルタントって聞くと、何だか胡散臭いですよね(笑)

経営コンサルタントってのも最近また詐称事件もあり、これも胡散臭い(笑)

中小企業診断士っていうと、これはこれで公的な資格でありながら、いまいち分かりにくい(苦笑)

じゃあ、どう言えばいいんでしょうか。

 

実際、元銀行員で、銀行員のときは融資営業(融資推進営業と融資審査)をしていたので、それも中小企業と小規模企業と個人事業主をお客さんとしていて、その経験から企業の融資に関することや資金面のこと、経営計画や事業承継や後継者のことでコンサルタントをしています、と長々言えばいいんでしょうかね。

また、銀行を辞めて、起業創業して、高級家具の製造販売をやってまして、オーダーメイド家具の営業と受注生産システムやECサイトの構築と運営をやっていたので、それがもとになって、WEBとECサイト構築支援やSEOの支援もやっていますと言えば、どうでしょうか。

伝わりますでしょうか?

ゆっくり時間をかけて、お話しすることができれば、どういうことに強味があるのかは分かってもらえるでしょうね。

ただ、一言二言で説明しろと言われると、上に書いたように難しいですよね。

 

それにうちでは、経営コンサルタント+インテリアコーディネートっていうスタイルのときもありますので、余計にややこしいでしょう。

企業にはいろいろなニーズがあり、それらに応えていく上で、うちではコンサルとインテリアコーディネートとデザインという面から支援していくことができるというものです。

分かりやすいのは、店舗デザイン、インテリアデザイン&インテリアコーディネート、WEB+ECサイト支援、経営コンサルタントをセットにして支援するというものです。

最近では、これにデザインだけではなくて、工事も請け負えるので、まあ、いろいろとやれる感じです。

 

まあ、長年いろいろとやっていると出来る範囲が広まってくるというものです。

それが良いのかどうかは分かりませんが、お客様である事業主や企業のニーズに合わせていくと、どうしても変化や拡大が伴いますね。

間口、入り口は狭いけど、奥行きが長い会社。

そんな感じでやっております。

そうそう、全部自社で抱えてやると大変ですので、チームを組んでやっています。

アメーバ経営のようなものです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加