どう?動き出したかな?

どうもこのところの全体的な感じとして、何やら障害があるというか。。。

妙な感じがあるので、これはお祓いでも必要かと。。。

邪魔が入るというのは、普通のレベルであれば、気にもしないんです。

ただ、いろいろと重なる上に、その発生の仕方が奇妙であると、これは障りというものです。

 

信じない人は、「こいつ、おかしいこと言ってる」ってなるでしょうね。

とはいえ、この世の中、人の想いが渦巻いているので、それらは波のようなものでしてね。

波ということは、波長を持つので、波長を感じることができる。

人の思念の波長がどんなhzで伝わるのかは分かりませんよ、測りようがないでしょうし。

 

思念、怨念というか、嫌な思いは嫌な感じとして、現れます。

例えば、モノが割れる、ひびが入る、動かなくなる、壊れる、調子悪い。

人間に障れば、頭痛い、気持ち悪い、ムカムカする、足が重い、肩が思い、とか。

こういうのは「障り」であることが多い。

そして、それらの原因は、相手は、生きている人間。

つまり、生霊的なものですね。

生霊ってのは、相手が生きている限り何度も何度も発生しますので、質が悪いんですね。

何度祓っても祓っても、またやってくる。

鬱陶しい限りですよね。

 

私自身、生霊が障って、身体の調子が悪くなることはありません。

これは自分が鏡のようになって、相手に跳ね返すように心掛けているからです。

ただ、跳ね返りがまっすぐ相手に帰らずに、捻じ曲がって、どこかに現れることがあります。

これには困りますよね。

 

で、変な話を書いていますが、ここずっと、障りがありましてね、それも執拗で鬱陶しい。

多分、私のことを「死ね!」って思い続けているんでしょうね。

想像が付きますもんね。

ただね、私も誰かが分からないでもないので、そちらのほうへ、届いた思念をそのままお返しするようにしています。

だから、どういう結果が出るのかは知りませんが、いずれ帰るでしょう。

 

こちらは祓い続けるだけです。それと、清く正しい心を持ち続けることです。

オカルトな話になりましたね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加