プログラミングの授業が検討されているそうですが

小学校でプログラミングの授業が必修となる検討がなされているみたいですね。

これ、良いこととは思いますが、付いていけない子、興味無い子というのも出ますよね。

確かにプログラムに触れる機会が増えることで身近なものになり、その中から将来を担う人材も育つとは思います。

しかし、これは強制する感じもしますね。

プログラミングなんてのは興味があって、好きじゃないとなかなかものにならないと思うんですよね。

私は小学校のうちからPCに触れていたし、中学にはそういう授業も部活もありました。

だからPCに触れることに何の抵抗も無ければ、今でもそれを活かしているんですけど。。。

ただ、同じように学んだ中で今、プログラムに関わるような人間が何人いるか。

知っている限りでは、私と友人1人かな。

彼はいま渋谷でゲームの開発会社を経営している。

もともとスキでPCとかでゲームをやったり、何かを作ったりしていないと、つながらないんじゃないかな。

小学校の授業で義務化してしまうと、出る芽も摘んでしまわないのだろうか。

それにまた専門家やらを雇うことになるか、先生が覚えることが増えるんじゃないかな。

義務教育のコスト増加になるだけのような気がしてしまうのだけど。

 

まあ、放っておいても、どんな環境でも、チャンスがあれば、勉強するヤツはやるよ。

私なんてまともに高校の授業も受けてないし、最悪は高校中退して大検受ければいい、って考えてたし。

まあ、私学で特待生で優遇されてたので、高校卒業はさせてもらったけど。

いま振り返ると、学校行かないでヘビメタのバンドはやってたし、トンデモナイ高校生で不良だったと思う。

それでも自分なりに勉強して、そこそこの大学には行きました。

PCの件だって、PC6001mk2から始まって、かれこれずっと使っていたし。

 

いまの世の中、構い過ぎだよね。そう思うよ、やっぱり。

ある意味で、子供たちからすれば、「大人うざい」ってならないかね。

子供のことを考えれば、先に手を打ちたいんだろうけど、何でもそうだけど、興味さえ湧けば授業も勉強も関係なく覚えちゃうし、身に付けちゃうんだから。

それにPCやプログラムなんて年齢関係無しにできることなんだから。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加