倒産する会社はいくつも間違えている

倒産・経営破綻した、破産した企業の実際や実態をもとにし、自社を省みることで経営悪化を未然に防ぎましょう。

また、事業の再生・再建をする上で間違えた選択をしないことにも役立つはずです。

(ちなみに、これらは銀行員、中小企業診断士、コンサルタントとして直面し、体験してきたことから記載しています。)


 

倒産する会社というのは、様々な経営・運営の結果として、業績不振や資金繰りに行き詰り、倒産しています。

 

経営者の誰しもが「倒産はしたくない」「永く会社を続けたい」と常に考えて、日々過ごしています。

まあ、中には嫌々経営者をやっている方もいるかも知れませんし、辞めたいと思っている方もいるかも知れません。

とはいえ、経営者の大半は会社経営を続けることを考えているはずです。

 

しかしながら、窮地に追い込まれて、止む無く倒産・破産してしまう会社が出てきます。

それらの会社は数か月でダメになることは少なく、何年もの間を掛けて、徐々にダメになっていっています。

平たく言えば、「いくつもの間違いや失敗を重ねている」のです。

小さなものから、大きなものまで様々ですが、いくつもの間違いを重ねていく結果が倒産・破産になっています。

 

よく感じるのが、「ここでその選択肢は無い!」というものです。

世間一般にみて、考えても「その選択はしないという選択をする」。

 

例えば、

  1. 優秀な社員や幹部をささいな事で辞めさせる
  2. 仕入先や販売先とトラブルを起こす
  3. 自社の責任を認めず、責任を第三者に転嫁する
  4. 手を出してはいけないモノや事や人に手を出す
  5. 相談しなければならない時に相談しない
  6. ささいなウソをつく、またウソを重ねる など

 

これらのことがいくつも重なると、各々がどれほど小さなことでも、積み重なったものは大きな間違いを招いてしまいます。

 

ちょっとした間違いは誰しも起こしてしまいます。嘘も方便のときもあります。

素直に間違いを認め、すぐに謝罪し、誠心誠意の対応をすれば、その間違いが「災い転じて福となす」のようなことも起こります。

ですが、いつまでも間違いを認めず、自社の勝手な主張を続けていれば、どうなるでしょうか。

「信用できない。そんな会社との取引はご免だ。」となるでしょう。

仕入先でも販売先でも同じです。

徐々に遠ざかるか、取引停止を言い渡されることでしょう。

 

また、ささいなことで、気に入らないからといって、社員を首にするようなことがあればどうでしょう。

首にされた人がどこで誰に何を言うかは、どうしようもありません。止められません。

いまの時代なら、SNSで一気に広まることもあるでしょう。

悪い噂は広まるスピードが速く、その内容が悪ければ悪いほど、加速して広まります。

そんな噂を聞いた取引先や関係者はどうでしょうか。距離を置こうとしないでしょうか。

 

会社というのは、社会や地域とつながっており、株主や経営者や社員だけのものではありません。

会社は社会のものであり、地域のものであり、関係する皆のものであって、「公器」でもあるのです。

それを忘れて、自社だけのこと、経営者だけのこと、社員だけのことを考えて、身勝手な考えや行動をしてしまえば、知らず知らずの間に、いくつも間違えたことをしてしまい、それが積み重なってしまい、社会や地域から見放されるのです。

 

倒産しないで、長く続く会社は、「社会や地域の公器」といったことを常に意識し、考えて行動したり、発言したりしています。

社員教育においても、そういう社訓や社是を掲げ、人間としての成長を期待しています。

 

気になるなら、こういうことをどこかで軽んじたり、忘れたりしていないか、いま一度チェックしてみるべきです。

 

ご訪問ありがとうございます。
今日は です。

銀行、融資、不動産担保、事業性ローンの講座はこちら
(基本や事例を知りたい方はこちら)

不動産担保ローン・事業性ローンの検索はこちら
(お悩みの方、すぐ借りたい方はこちら)

(WEBの活用でお悩みの方はこちら)
 

初回相談無料!! お気軽にお問合せください クリックでSSLセキュリティ対応のお問い合わせフォームが開きます
(お問合せの際はこちらをクリックしてください)


Access to Kit Consultant

ようこそ、いらっしゃいませ。
当サイトでは、中小企業様や事業主様に向けて情報を発信しています。

元銀行員の経営コンサルタント&中小企業診断士ですが、インテリア関連の小規模企業を営んでいます。皆さんと同じ立場です。一緒に悩み、考え、実践していくコンサルタントです。 融資関係に強いですが、実は販売やEC・WEB関係にも強いです。

中小企業様、事業主様向けコンサルティングは個別訪問にて行います。
訪問対象エリアは、東京,神奈川,埼玉,千葉です。
世田谷区内やお近くの方は迅速に対応します!

〒157-0077
東京都世田谷区鎌田3-12-16-501
TEL:03-3749-8395 FAX:03-6411-0336
tokyo@kit-consultant.com

お客様からの声はこちら
経営に役立つリンク集はこちら
お問い合わせのページへ
初回無料相談!受け付けています

お気に入りに追加&ATOM FEED

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 購読する
 


TOP