カードローン、持っていて損は無い

カードローンのCMなどはTVでもよく見かけますよね。

TVCMは本当にたくさん流れています。

それだけ需要があるということですが、さてさてどういう時に使うのでしょうか。

 

 

カードローンってのはもちろんですが、収入があること、返済する能力があることが前提で約束された枠(極度)をもらうのです。

ある程度の収入があれば、カードローンで借りてまで生活するようなことは無い、と思うのが普通でしょうか。

まあ、人生ではいろいろなことが起こりますので、まとまったお金が必要になることもあります。

 

 

自分のことだけじゃなく、家族のことでもお金が必要になることもあります。

貯金をしていれば、それを取り崩して対応するってのでも良いですけど。

でも、定期預金だと満期にならないと取り崩しにくい。

 

 

カードローンって、私も持っていますけど、持っていれば便利なんですね、実際に。

銀行員のときに、先輩に言われて作ったのもありますけど、持っていて良かったことがありました。

急な出費でATMがあるところで引出できるので、本当に急な出費のときに役立ちました。

 

 

人生には何が起こるか分からないってのを先でも述べましたが、私も銀行員のときに作ったカードローン、いまだに持っています。

銀行を辞めても使えますしね。転職するときとか、引越しするときとか、一時的に収入が無いときとか、緊急用で使えますし。

 

 


それと、経済環境の急激な変化が起こるとき。

これはどういう時というと、今みたいなときです。

円安が急激に進んで、輸入品の価格が上がるときです。

日本は生活必需品を何らかの形でほぼ輸入に頼っている感じがありますね。

ガソリン、小麦、肉、果物、衣類etc.

急激な円安は物価高をもたらしますね。

一時的に出費がかさむわけですが、給与はどうでしょう。

そういうとき、カードローンを持っていれば、使う使わないにしても、安心感はあるわけです。

もちろん、貯蓄をしていれば、安心ですけどね。

 

 

貯蓄を削るのもいいですが、貯蓄を削ると何となく不安感が増すように思いませんか。

借りれば金利を払うから、貯蓄を削るほうが得ではありますけど。。。

ただ、カードローンの極度をある程度持っていれば、便利なときもあるわけです。

持っていて良かったなぁ、と実感するときもあるわけです。

 

 

必要無いと思っているときこそ、申込して持っておくのが得策です。

カードローンを申し込みして、持っているだけなら、手数料も何も必要ありませんので。

 

 

お金って、必要になってから、借りようとすると大変なんです。

必要が無いときから、ある程度の準備をしておくのが良いのです。

日本の金融って、そういう風潮がありますからね、いまだにね。

 

 

ちょっと先の見通しが不透明な時代ですから、万が一のときの安心のためにも、一つ二つのカードローンは持っておいたほうが良いですよ。

これは個人のことだけじゃなくて、個人事業主や会社経営者にも言えることです。

ご訪問ありがとうございます。
今日は です。

銀行、融資、不動産担保、事業性ローンの講座はこちら
(基本や事例を知りたい方はこちら)

不動産担保ローン・事業性ローンの検索はこちら
(お悩みの方、すぐ借りたい方はこちら)

(WEBの活用でお悩みの方はこちら)
 

初回相談無料!! お気軽にお問合せください クリックでSSLセキュリティ対応のお問い合わせフォームが開きます
(お問合せの際はこちらをクリックしてください)


Access to Kit Consultant

ようこそ、いらっしゃいませ。
当サイトでは、中小企業様や事業主様に向けて情報を発信しています。

元銀行員の経営コンサルタント&中小企業診断士ですが、インテリア関連の小規模企業を営んでいます。皆さんと同じ立場です。一緒に悩み、考え、実践していくコンサルタントです。 融資関係に強いですが、実は販売やEC・WEB関係にも強いです。

中小企業様、事業主様向けコンサルティングは個別訪問にて行います。
訪問対象エリアは、東京,神奈川,埼玉,千葉です。
世田谷区内やお近くの方は迅速に対応します!

〒157-0077
東京都世田谷区鎌田3-12-16-501
TEL:03-3749-8395 FAX:03-6411-0336
tokyo@kit-consultant.com

お客様からの声はこちら
経営に役立つリンク集はこちら
お問い合わせのページへ
初回無料相談!受け付けています

お気に入りに追加&ATOM FEED

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 購読する
 


TOP