カードローン、キャッシングを持つ効果

カードローン、キャッシングを持つことで得られる効果が実はあります。

 

カードローンの会社のサイトを見ても、いろいろと説明してくれているので、ここで敢えて言う必要はないかも知れません。

各会社のサイトのカーボンコピーをここでやっても仕方ありません。

 

そこで、元銀行員として、また、融資窓口で個人ローンも数多く扱って来た経験から話します。

 

カードローンやキャッシングを利用するというのは、急にどうしても資金が必要になったものの、そのときは、手持ち現金がなかったり、取り崩せる預金がなかったり、という場合が多いのです。

 

本当にお金に困っていて、どうしても借りるというのは、実は少数派であるといえます。

 

数日後に給与が入ってくるけど、それまでにどうしても必要な資金を工面するために、カードローンやキャッシングをご利用するという方が多いでしょう。

 

「借りれば、返さなければならない」という大原則がありますので、誰しも「返す見通しの無い借入はしない、したくない」と考えますし、そのように行動していますね。

カードローンを利用する方は属性に傾向があるのですが、主に、居住地、家族構成と関係が深いと思います。(違っていたらスミマセン。)

 

都会や都市部で働き、居住する方は、故郷や親元を離れている方も多く、急なときに頼る家族や親戚が身近にいないことが多々あります。(田舎ほどカードローンやクレジットカードの保有と利用が少ないと思います。)

 

そこで、急な資金が必要になったときに頼れるのが、カードローンやキャッシングでもあるのです。

 

カードローン、キャッシングというのは、最初に一度、契約をして、取り扱い額(極度とか枠とか呼びます)を決めてしまえば、その後は、その極度内であれば、何度借りても、何度返しても自由なので、使い勝手が良いことで、根強い人気があります。

 

もちろん、普通預金や定期預金で貯金していて、その預金を使えばよいと思う方でも、カードローンを保有していたり、利用していたりします。便利ですから。

 

頼りがいがあるということ、便利であるということは、カードローンやキャッシングのメリットですね。

 

カードローン・キャッシングの極度(枠)を持つことの効果は、上に書いたことだけでは無いと思っています。

 

次のようなことが副次的にあると思われます。

 

使う、使わないは別として、ある程度、急な資金に即座に対応できる極度(枠)を持つということは、ご自身でお金の心配をあまりしなくても良いという効果があり、これはメンタルにも良い影響をします。

 

また、極度(枠)を持っているということから、先述のメリットにも関わりますが、離れている家族(や親族)にお金の面での心配をさせなくても良いということにもなります。

 

そして、「お金の心配が不要である」ということを離れている家族(親族)が知っていれば、「振り込め詐欺」などによる被害を予防することにもつながります。

 

「振り込め詐欺」被害の減少に寄与する可能性も潜在的にあるということ、これは社会的にも貢献度大でしょう。

 

(個人向けのカードローン・キャッシングの一覧はこちら)

 

ご訪問ありがとうございます。
今日は です。

銀行、融資、不動産担保、事業性ローンの講座はこちら
(基本や事例を知りたい方はこちら)

不動産担保ローン・事業性ローンの検索はこちら
(お悩みの方、すぐ借りたい方はこちら)

(WEBの活用でお悩みの方はこちら)
 

初回相談無料!! お気軽にお問合せください クリックでSSLセキュリティ対応のお問い合わせフォームが開きます
(お問合せの際はこちらをクリックしてください)


Access to Kit Consultant

ようこそ、いらっしゃいませ。
当サイトでは、中小企業様や事業主様に向けて情報を発信しています。

元銀行員の経営コンサルタント&中小企業診断士ですが、インテリア関連の小規模企業を営んでいます。皆さんと同じ立場です。一緒に悩み、考え、実践していくコンサルタントです。 融資関係に強いですが、実は販売やEC・WEB関係にも強いです。

中小企業様、事業主様向けコンサルティングは個別訪問にて行います。
訪問対象エリアは、東京,神奈川,埼玉,千葉です。
世田谷区内やお近くの方は迅速に対応します!

〒157-0077
東京都世田谷区鎌田3-12-16-501
TEL:03-3749-8395 FAX:03-6411-0336
tokyo@kit-consultant.com

お客様からの声はこちら
経営に役立つリンク集はこちら
お問い合わせのページへ
初回無料相談!受け付けています

お気に入りに追加&ATOM FEED

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 購読する
 


TOP