極度、枠って何?

時折、「極度って何?」「枠って?」と質問をいただきます。

 

事業性融資では「融資枠」とか「融資極度」という言葉を使います。

個人ローン、カードローンなどでは「ローン極度」とか「融資限度」という言葉を使っています。

厳密には「枠」と「極度」には違いがあると認識しています。

「枠」「融資枠」というのは、「融資できるある程度の枠・範囲」を示しており、銀行で「この企業にはこのくらいの金額までなら融資してもOK!」というような取り決めであって、これは半年毎や1年毎に見直しがなされます。

銀行と顧客との間に取り交わされる契約書ではなく、「会話」の中で表示される「拘束力の無い枠決め」のような感じです。

ですから、見直しごとに「融資枠」「枠」の金額が上下することになります。

その見直しには、自己査定や企業格付、普段のやりとりが影響しています。

 

一方の「極度」「融資限度」というのも、「枠」「融資枠」と意味合いとしては大差はありませんが、基本的には銀行と顧客の間で「契約書が交わされる」場合の融資やローンです。

分かりやすいのが「カードローン」や「事業性カードローン」や「当座貸越型ローン」です。

契約書を交わし、その文面に「融資極度は○○○万円以内」と明記されます。

契約書を交わしていますので、「融資極度○○○万円以内」であれば顧客の要請があれば、いつでも融資に応じる義務が貸し手にはあります。(例外もありますが・・・)

この「極度」「融資限度」も見直しは契約書に明記されており、契約書に記載された金額が減額されることもあります。そのルールは契約書によるでしょうが、基本としては、減額に相当するような事象(業績悪化、担保不足、約定違反等)が著しい場合でしょう。

通常通り、平常通り、概ね何事も無い場合は、この契約は更新が自動で行われるのが多いようです。

 

「枠」、「極度」は話の上では、概念的には大差が無いのですが、「契約書の有無」によれば「融資・払い出しに応じる義務の有無」が実際にはあるということです。

 

とりわけ、事業性の融資においては、「融資枠」という言葉を使い、「御社には○○○万円、○○億円までならいつでも融資します」という言葉を銀行員は使います。

ですが、これはあくまでも「拘束力の無い」話の上でのことです。

実際に融資を申し込んでみると、「担保の追加」を求められることもあります。

時々、こういう言葉が原因で銀行と企業とでちょっとしたトラブルを起こすこともあります。

 

このサイトにも書いていますが、「前向きに検討します」というような言葉と同じです。

 

「枠」と「極度」の違いは、言葉の表現の違いのようなときもありますし、基本的は「契約書の有無」によって、その区別があるということです。

 

ご訪問ありがとうございます。
今日は です。

銀行、融資、不動産担保、事業性ローンの講座はこちら
(基本や事例を知りたい方はこちら)

不動産担保ローン・事業性ローンの検索はこちら
(お悩みの方、すぐ借りたい方はこちら)

(WEBの活用でお悩みの方はこちら)
 

初回相談無料!! お気軽にお問合せください クリックでSSLセキュリティ対応のお問い合わせフォームが開きます
(お問合せの際はこちらをクリックしてください)


Access to Kit Consultant

ようこそ、いらっしゃいませ。
当サイトでは、中小企業様や事業主様に向けて情報を発信しています。

元銀行員の経営コンサルタント&中小企業診断士ですが、インテリア関連の小規模企業を営んでいます。皆さんと同じ立場です。一緒に悩み、考え、実践していくコンサルタントです。 融資関係に強いですが、実は販売やEC・WEB関係にも強いです。

中小企業様、事業主様向けコンサルティングは個別訪問にて行います。
訪問対象エリアは、東京,神奈川,埼玉,千葉です。
世田谷区内やお近くの方は迅速に対応します!

〒157-0077
東京都世田谷区鎌田3-12-16-501
TEL:03-3749-8395 FAX:03-6411-0336
tokyo@kit-consultant.com

お客様からの声はこちら
経営に役立つリンク集はこちら
お問い合わせのページへ
初回無料相談!受け付けています

お気に入りに追加&ATOM FEED

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 購読する
 


TOP