case46・・・融資を回収されないように

どんな状況であろうと、回収されないためには、どうすればいいのかにも触れておきます。
こういうことは、あまり考えておきたくないことですが、予備知識として持っておくのも悪くないと思います。


実は、私は銀行員時代の最後の1年間ほど、業績不振先の経営改善と融資回収を専門として営業をやっていました。
それまでの新規融資先開拓や融資審査とは、180度反対のような仕事です。
いまから振り返っても、思い出したくないような、たくさんの人をキズ付けたような罪悪感でいっぱいの1年間です。
その当時の写真を振り返って見てみると、自分の顔付きも目付きもとても厳しいものであったと思うほどです。


しかし、この嫌な息苦しい経験があるからこそ、銀行が回収しようとする企業、回収される企業とはどういう企業なのかが分かるのです。
このサイトに訪れたあなたには、こんな経験をしてほしくはないので、そのポイントを記しておきます。



そして、次の2点は、間違いなく覚えておいてください。

売上の低下による赤字だけでは回収されることはありません。

見通しがあり、頑張っている会社から回収することはありません。




銀行が回収しようとする企業に見受けられるポイントやパターンを知っておき、あなたはそれらを回避することで、よほどのことがない限り、回収されることなく、安心して企業を経営していけるのです。

銀行が回収を検討する企業のポイント・パターン

  • 自社・自分だけの都合を言い、銀行への協力がない
  • あらゆる管理がいい加減で、約束を守らない
  • 整理整頓ができず、求めた資料がいつまでも出てこない
  • 交渉をしていても、いつも感情的になり、交渉が進まない
  • 交渉の中で、ウソが散見される
  • 将来への見通しがなく、やる気も感じられない
  • 幹部社員の離反が生じ、通常操業が不可能となる
  • 大幅な粉飾決算が発覚し、債務超過に転落した上、回復の見込みが立たない
  • 各取引銀行に嘘をつき続け、総借入などもごまかしている
  • メインバンクが撤退している(原因を見つけた上で)
  • 社長が交渉の場にいつも出てこない
  • 社長が逃げた
  • 社長がギャンブルなどに興じて、仕事に出てこない
  • 個人資産を隠している、隠そうとしている
  • 金利や元本返済の延滞が恒常的になり、資金繰りの付けようがない

このほか、いま廃業すれば家も財産も残るという場合や、後継者のいない場合は、交渉と相談の上、廃業し整理することもあります。

どちらにしても、整理・回収する仕事ほど、人間くさいものはありません。

回収される側も、回収する側も、心にキズは負うのです。


ご訪問ありがとうございます。
今日は です。

銀行、融資、不動産担保、事業性ローンの講座はこちら
(基本や事例を知りたい方はこちら)

不動産担保ローン・事業性ローンの検索はこちら
(お悩みの方、すぐ借りたい方はこちら)

(WEBの活用でお悩みの方はこちら)
 

初回相談無料!! お気軽にお問合せください クリックでSSLセキュリティ対応のお問い合わせフォームが開きます
(お問合せの際はこちらをクリックしてください)


Access to Kit Consultant

ようこそ、いらっしゃいませ。
当サイトでは、中小企業様や事業主様に向けて情報を発信しています。

元銀行員の経営コンサルタント&中小企業診断士ですが、インテリア関連の小規模企業を営んでいます。皆さんと同じ立場です。一緒に悩み、考え、実践していくコンサルタントです。 融資関係に強いですが、実は販売やEC・WEB関係にも強いです。

中小企業様、事業主様向けコンサルティングは個別訪問にて行います。
訪問対象エリアは、東京,神奈川,埼玉,千葉です。
世田谷区内やお近くの方は迅速に対応します!

〒157-0077
東京都世田谷区鎌田3-12-16-501
TEL:03-3749-8395 FAX:03-6411-0336
tokyo@kit-consultant.com

お客様からの声はこちら
経営に役立つリンク集はこちら
お問い合わせのページへ
初回無料相談!受け付けています

お気に入りに追加&ATOM FEED

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 購読する
 


TOP