2009年12月アーカイブ

case17で、事業計画書の効力をご理解いただけたかと思います。   自己査定では、融資先を「正常先」、「要注意先」、「要管理先」、「破綻懸念先」、「実質破綻先」、「破綻先」のように分類しています。 ・・・続きを読む
case16では、創業や経営革新の場合の事業計画書について述べました。   このcase17では、もう既に銀行融資を受けていて、銀行から事業計画書の提出を求められる場合を説明しましょう。 自ら経営計画 ・・・続きを読む
「事業計画書」というものを書いたことはありますか?  最近創業した方は、結構書いているかもしれませんね。 銀行との取引で、この事業計画書の提出を求められた方もいらっしゃるはずです。 (銀行取引で求めら ・・・続きを読む
皆さんよくご存知かと思いますが、銀行には男性と女性の職員がいます。 どちらかと言えば、女性の職員のイメージが強いかも知れません。 預金業務を主とする銀行窓口には、女性職員が応対しています。 これはやは ・・・続きを読む
中小企業で資金を調達するのは、銀行融資が中心になります。   もちろん、その他の金融機関やノンバンクといわれるところからも調達できることは、皆さんご存知でしょう。 ただ、銀行以外から資金を調達する場合 ・・・続きを読む
今回お話するのは、融資をもっと受けたいと思われる企業への提案です。   ただし、これには制約があります。 それは、骨のある、志高い銀行と銀行員と出会う必要があるということです。   大抵の中小企業の場 ・・・続きを読む
社長さん、御社の融資は信用保証協会付きばかりじゃないですか? 銀行独自の融資(通称:プロパー融資)ってありますか? 銀行は担保を設定しているけど、融資は信用保証協会付きばかりになっていないですか?   ・・・続きを読む
皆さん、銀行との付き合い、銀行員との付き合い、上手く行っていますか?   上手く行っているなら、言うことありません。 では、最近の銀行って、銀行員ってどう思われますか?   「・・・・・・」 「昔の銀 ・・・続きを読む
借入金があって、毎月毎月の返済の負担が厳しいということありませんか? そんなに多額の借金をしていないのに、返済に追われているということありませんか? 借入を返済するために、新たに借入をしなければいけな ・・・続きを読む
  融資を申し込む際に、口頭で用件を伝える時代はもう過去のものです。 今の銀行では、融資の申込さえ書類にしておかなければ、不安です。 書類を作成しコピーしておく、「たったこれだけのこと」が貴方を守る ・・・続きを読む
  運転資金の申込や季節資金、赤字資金の申込に必ずと言っていいほど「資金繰り表」は求められます。 モチロン、融資に限らず資金繰りを管理するためにも。 資金繰り表はカンタンなものです。足し算と引き算を ・・・続きを読む
  セミナー&レジュメ「銀行員はここを見ている」から5年が経過したものの、数多くの中小企業の皆様から融資・銀行取引に関する不安や相談を受けています。 個別指導で融資・銀行取引を改善してきた経験や過去 ・・・続きを読む
  「成功する!銀行取引バイブル」の誕生にもつながった、中小企業のための銀行融資に関するセミナーのレジュメ。 レジュメの作成は5年前に遡りますが、今も色褪せない内容で、セミナーでの配布、ダウンロード ・・・続きを読む
  とってもシンプルな月商(月間の売上高)の推移表です。   運転資金を申し込む際、売上高が「右肩上がり」なのか「右肩下がりなのか」という業況の変化を把握したり、季節的な売上の変動を把握したりも。 ・・・続きを読む
事業を継続していくなかで、融資を断られたらどうします?   融資を受けていない銀行から断られたというのなら、そう問題でもありませんよね。   でも、メインバンクと思って付き合っている銀行から、追加融資 ・・・続きを読む
融資を受けていたり、これから融資を申し込もうと思っている方へ   あなたは、銀行員が何を考えているのか、知っていますか? あなたのどこが見られているのか、知っていますか? どうすれば融資をスムーズに受 ・・・続きを読む
相談でよくあるのが、「資金繰り」の話です。   「資金繰り」を良くするのも、悪くするのも経営者次第なことはおわかりでしょうか? 「資金繰り」って簡単に言えば、お金の出入りのことです。   お金の入りは ・・・続きを読む
中小企業の場合はどの銀行がいい?   これは、一言では答えられないのです。   融資取引をする金融機関を考えますよ。 身近な都市銀行、地方銀行、第二地銀、信用金庫、信用組合、日本政策金融公庫で考えると ・・・続きを読む
金融機関には、いろいろなものがありますね。   銀行にも、都市銀行、地方銀行、第二地銀、ネット銀行、外資系銀行とあります。  そのほか、地域金融機関として、信用金庫、信用組合、農協、漁協、ゆうちょなど ・・・続きを読む
中小企業であれば、「人的担保」つまり「保証人」を求められますよ。   社長が保証人になるのは、これはある意味、人として当たり前のことです。   ただ、会社=社長というのが中小企業の大半ですから、社長の ・・・続きを読む
融資を受ける場合の担保、これって嫌な感じがしますよね。 ちょっと想像してください。   あなたはとても資産家で、有り余るほどの資金を持っています。 知人が資産家であるあなたを頼って、資金を貸して欲しい ・・・続きを読む
事業をしていく中で、資金が必要になるのは、当たり前のことです。   では、どういうときに資金が必要になるのでしょうか?   「運転資金」と「設備資金」という言葉をよく聞くと思います。 「運転資金」・・ ・・・続きを読む
事業をしていく中で、資金(お金)が必要になるのは、当たり前のことです。 (もちろん、個人でも同じことが言えます。 当サイトは主に個人事業主・法人向けに書いていますが、個人ローンでも通用する話ですので、 ・・・続きを読む

ご訪問ありがとうございます。
今日は です。

銀行、融資、不動産担保、事業性ローンの講座はこちら
(基本や事例を知りたい方はこちら)

不動産担保ローン・事業性ローンの検索はこちら
(お悩みの方、すぐ借りたい方はこちら)

(WEBの活用でお悩みの方はこちら)
 

初回相談無料!! お気軽にお問合せください クリックでSSLセキュリティ対応のお問い合わせフォームが開きます
(お問合せの際はこちらをクリックしてください)

 

Access to Kit Consultant

ようこそ、いらっしゃいませ。
当サイトでは、中小企業様や事業主様に向けて情報を発信しています。

元銀行員の経営コンサルタント&中小企業診断士ですが、インテリア関連の小規模企業を営んでいます。皆さんと同じ立場です。一緒に悩み、考え、実践していくコンサルタントです。 融資関係に強いですが、実は販売やEC・WEB関係にも強いです。

中小企業様、事業主様向けコンサルティングは個別訪問にて行います。
訪問対象エリアは、東京,神奈川,埼玉,千葉です。
世田谷区内やお近くの方は迅速に対応します!

〒157-0077
東京都世田谷区鎌田3-12-16-501
TEL:03-3749-8395 FAX:03-6411-0336
tokyo@kit-consultant.com

お客様からの声はこちら
経営に役立つリンク集はこちら
お問い合わせのページへ
初回無料相談!受け付けています

SNS BUTTON

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 


TOP