• このエントリーをはてなブックマークに追加

 中小企業、小規模企業、個人事業主こそWEBを活用。
 WEBで集客し売上を増やしていくことができる。
 それもかなり低コストで。
中小企業,小規模企業,事業主だからこそ、ホームページ,ブログ,SNSを活用できる。
こういう言葉を聴いたことがあるのは、一度や二度じゃ済まないかと思います。


実際はどうですか?

上手く集客できていますか?

売上に結びついていますか?


ホームページやブログなどの場合、基本的には「検索エンジン」で上位に表示される必要があります。

検索上位表示が出来れば、「何かを調べているお客様」、「何かに困っているお客様」に自社のホームページ等を覗いてもらって、読んでもらえるチャンスが大きくなります。

検索で上位表示されるためには「SEO対策」というのをしっかりと気長にやっていくことが不可欠です。


その「SEO対策」についてはこの場であれこれ説明することはありませんが、カンタンに言えば、ある「特定キーワード」もしくは「複数キーワード」で検索をした場合に、検索結果で上位に表示されるようにする対策を「SEO対策」といいます。

「SEO」とか「SEO対策」というキーワードでネット検索すれば、大量かつ詳しい情報が出てきますので、そちらをご参照ください。

 
ホームページ、ブログ、SNSなどのネットを活用し、上手くいけば、集客も出来ますし、売上を上げることもできます
「SEO対策をじっくりやるには時間が掛かり過ぎる」ということをご存知の方は、「時間をお金で買う」という方法、つまり「ネット広告」を利用することを選ばれるでしょうか。

ネット広告の場合、「クリック課金制度」の「1クリック●●円、一日の予算●●千円とか●●万円」という出稿の仕方です。

広告予算があれば、これを活用するのも良いでしょう。

ただ、広告を嫌うネットユーザーも多くなっていることもあり、期待に対する効果が出るか否かは出稿の仕方です。

また、出稿に際しては、細かな設定をしていなければ、予算を無駄に消化してしまう可能性も隠れています。



弊社では現在のところ、この「ネット広告」は一切出稿していません。

過去、家具販売事業を主に検索用広告を出稿したり、一部のアフィリエイト広告を出稿したりしていました。

広告の効果はありますが、「自然検索」で上位表示される「SEO対策」をするだけでも、集客が出来、売上につながるということが弊社の経験です。

そして、広告よりも検索結果からのほうが大きな売上を上げることも経験から分かっています。


この経験則から、弊社ではSEO対策については、自社で数年がかりで試行錯誤してきています。

どのようにすれば、集客に結びつくのか、売上に結びつくのか、弊社なりに工夫しています。

こう書くと、ホームページ対策とかSEO対策のコンサルタントの営業のように思われるかも知れませんが、自社のコンサルタントサービスに結びつけるような考えは毛頭ありません。(実際にご依頼があればお手伝いいたしますが。。。)


ただ、中小企業、小規模企業、個人事業主だからこそ、ホームページやブログやSNSを上手く活用して欲しいと思いますし、時間が掛かっても、対策を気長に続けて欲しいと思っています。

ホームページは製作して終わりではないということはよく言われるものの、「製作して放置したまま」のホームページが溢れています。

ブログも始めてみたものの、途中で飽きちゃった、というブログも溢れています。

途中で諦めたり、飽きちゃって、放置すれば、ホームページもブログも効果を発揮してくれません。

「継続は力なり」なのです。

「試行錯誤、PDCA」を絶えず繰り返し、時代に合わせていくしかないのです。

「なぜ検索するのか?」
ここまででも長くなりましたので、ここからは知りたい方だけが読んでみてくれれば良い話です。(分かりきっていることかも知れませんので、役に立たない場合はご容赦ください。)


インターネットの「検索」というのは「検索エンジン」というロボット(プログラム)がインターネットを巡回しながら、情報をかき集め、保存しながら、「検索」があれば、その「結果」を表示するという仕組みです。

「検索エンジン」はロボットですので、巡回したホームページのあらゆる情報を保存します。

情報の良し悪しはある程度判断できるプログラムを持っているので、悪質なホームページやブログは「検索結果から弾く」こともあります。

検索エンジンが保存するに値するホームページと判断すれば、検索結果に表示されることになります。

また、検索エンジンの結果を人的に処理することもあります。
(検索エンジンの詳細について知りたければ、それこそ検索して調べてください。)


一方、「検索をする」のは我々人間です。

「なぜ検索するのか?」

それは、探したいものや情報があり、その探したいもののことを「深く知りたい」とか「似たものはないか」とか「安い買い方はないか」とか「どこで見られるのか」とか思うことを、悩むことを解決したいから、検索するのではないでしょうか。

そのため、検索結果で出たホームページに探している情報が無ければ、「探している方」のニーズを満足できません。

ニーズを満たす情報が無いホームページからは「訪問された方」は立ち去ってしまいます。

もしも「探している方、訪問された方」の求めている情報があれば、その方はホームページの情報を必要なだけ見て、読んでくれることになり、それが商売に関係すれば、最終的には売上に結びつくことになります。

どんな人でも企業でも、「全知全能の神」で無い限り、持っている情報には限りがある
しかし、どんなホームページでも、掲載している情報には限界があります。

「探している方、訪問された方」のニーズを満足できる場合は、自然検索の場合、1%もあれば上等でしょう。

チラシ広告や雑誌広告と同じで、反応率が1%あれば上出来で、実際は0.1%もあれば良いかも知れません。

大半は「直帰(訪問してもスグ出て行くこと)」するわけです。

この「直帰」される方を止めようにも、インターネットは対面では無いので、止められません。そして、「直帰」した方が二度目の訪問をしてくれる可能性もかなり低くなります。

しかし、この99%以上とも思われる「直帰」される方のうち、数%の方にでも何らかの方法で、自社ホームページをじっくりと見て、読んでいただければ、「いまスグ」ではなくとも、「将来見込みのあるお客様」になっていただける可能性が高まります。

そのためには「何らかの取っ掛かり」というか「何らかのアクション」をしてもらう必要もあります。


検索されるお客様は、基本的に、「情報を探している」のですから、「その情報に関連することが書かれている可能性がある」と思い、ホームページやブログを閲覧してくれます。

ただ、そこに書いている情報には限界があって、お客様のニーズを100%満足できないことが多いのです。


よくよく考えてみれば、どんな人でも企業でも、「全知全能の神」で無い限り、持っている情報には限りがあります。

ビジネスをする上で、特に中小企業、小規模企業、個人事業主の場合は、「自社が何を売りにしているか」がハッキリしていなければ、商売は上手くいかないでしょう。

それゆえに、自社が持っている情報は限られた分野や商品、サービスになって当たり前です。もともと、どの企業もお客様を100%満足させる情報を持ち得ていないのです。

ここまでのまとめ
ここで、ちょっとまとめてみますが、

『 ビジネスをする上で、集客をし、売上を上げていくためには、ホームページやブログ等が欠かせなくなっており、ホームページやブログを用いた集客・売上の結果が出るようにしなければ、ホームページもブログも意味が無くなってしまいます。

そのためには、ホームページに訪問されるお客様のニーズを満足する方向で、SEO対策をして、ホームページを作っていく必要があるものの、全てのお客様のニーズを満足することはできません。

それは、どんなホームページも持っている情報には限りがあるためです。

満足してくれるお客様がいれば、売上にもつながりますが、満足してくれるお客様がたくさん来店してくれない限り、売上は大きくはなっていきません。

大半の来店客は「直帰」してしまうため、何らかのアクションが無い限り、二度目の来店は遠いものになってしまいます。

インターネットは街中にあるお店や事務所とは違い、実際に目で見ても、周りの雰囲気や光景や隣の店や会社などがあるわけでもなく、記憶される可能性が低いでしょう。

記憶されにくい性質を持っているホームページやブログですので、二度目の訪問・来店を促したくても出来ないのです。

しかし、再来店してもらうことができれば、いつかはお客様として売上につながることもあります。


では、再来店してもらうにはどうすれば良いのでしょう。

そのためには何らかのキッカケ、取っ掛かりが必要です。』

「何らかのキッカケ、取っ掛かり」を見出してほしい
かなり文章が長いのですが、ここまでお読みいただけた方には、「何らかのキッカケ、取っ掛かり」を見出していただきたいのです。

「アクション、キッカケ、取っ掛かり」は自社に合わせたものでも良いですし、他社などのホームページを参考にしても良いでしょう。

お客様である「検索」で訪問される方に向けて、何らかの情報を投げかけることができれば、二度目、三度目の再訪問をしていただけるようになりますし、そのうちに売上につながるのです。


ここで、貴社、あなたの「ホームページにいろんな情報を満載させろ!」と言っているのでは無いということをご理解ください。

いろいろな情報(限定的で専門的で無い情報の場合)が掲載されていれば、検索結果では上位表示されにくくなります。

上位表示されにくいホームページは、インターネットの情報の大きな渦の中に飲み込まれてしまって、ブラックホールから抜け出せない状況のようなことになりかねません。


弊社が長年の経験から思うに大切なのは、「自社の情報は限られるのだから、他社・他者の持つ情報をも活用すべきである。」ということです。

自社で持っている情報は限度があります。

自社で持っている情報は詳しく掲載することができますので、出し惜しみせず、できるだけ詳しく掲載します。

自社で完結しようとすれば、それこそ「高が知れている」わけであって、お客様を満足させることはできません。

他社・他者が持つ情報を借りることができれば、活用することができれば、自社の情報では満足できない部分を補ってもらえることになります。

検索エンジンや大手ポータルサイトと中小企業などのサイトとの違いは?
検索エンジンや大手ポータルサイトを見ても分かります。

大手サイトも自社の情報には限りがあり、それを補うように他社・他者の情報を掲載し、ニュースを掲載したり、ショッピングサイトを運営したり、オークションを運営したり、ゲームを運営したりしています。

少なからずと言うか、大いにと言うか、他社・他者と情報を持ち合い、ひとつの大きなサイトを形成しているのです。

情報を持ち合い、出し合うという形で、個では「高が知れている」という壁を破っているわけです。



中小企業、小規模企業、個人事業主のサイトはどうでしょう。

自社だけの情報を発信しているだけになっていないでしょうか。


他社・他者の情報を掲載することに抵抗感はあるでしょう。

他社・他者にお客様が流れてしまう可能性が高まりますから。。。



たとえ、お客様が他社に流れたとしても、自社を訪問してくれたお客様に有益な情報を発信することができれば、そのホームページはお客様にとって、とても有益なものになるとは思いませんか?

お客様本位で考えて対応してみる
もしも、お客様が自社のホームページを「役に立つサイト」だと思ってくれれば、二度目、三度目と訪問・来店を繰り返してくれることにつながります。

そうすれば、その時点でそのお客様は「一見客」ではなく、「馴染みの見込み客」になってくれるわけです。

また、役に立つサイトであれば、SNSやブログでも紹介してくれる可能性も高まります。

あくまでも、訪問してくれるお客様のことを考えながら、ホームページやブログを作成してみる。

どう表現すれば分かりやすいかだろうか、どうレイアウトすればいいだろうか、話し言葉がいいだろうか、固い文章がいいだろうか。。。

あくまでも、お客様本位で考えて、対応してみればいいんです。



弊社サイトでも、そのような取り組みを行ってもいます。

自社のことだけを考えれば、他社・他者の情報を掲載するなんてことは出来ません。他社のアドレスを表記したり、リンクを貼ることもできません。

しかし、「もしかしたら、お客様にとってはこういう商品・情報が良いのでは?」とお客様本位で考えてみれば、自分がお客様の立場であれば、便利とか使い勝手を優先したほうが良いと思えるのです。

ただ、他社の商品や情報を掲載するにしても、合法的に他社の情報を掲載することが出来なければなりませんので、比較的容易に情報を入手できる方法を活用しています。

それによって、お客様の満足度を高められているのかどうか不安もありますが、少しでも役立っていることは分かっています。

そして、その他社情報で他社に流れたお客様がそこで買い物をしても、それはこちらにも若干のメリットをもたらしてもくれる仕組みです。

あなたはどんなホームページやお店に再訪問しますか?
お客様本位で考えて、自社の商品やサービスだけではなく、他社の情報も交え、情報発信することも良いとはいえ、やはり程度の問題があることは忘れてはなりません。

自社が発信する情報が少ないからといって、他社・他者の情報ばかりを掲載しているのでは、ホームページやブログそのものの魅力は出てきません。

せっかく訪れてくれたお客様は、あなたのホームページやブログに魅力を感じてくれません。それこそ「直帰」し、二度と訪問してくれないことになります。

自分に置き換えてみてください。

あなたはどんなホームページやお店になら再訪問しますか?

例えば、こんなサイトやお店じゃないですか?
  • 「知りたいことがあるから」
  • 「商品やサービスの詳しい情報があるから」
  • 「何か新しい情報や商品があれば知りたいから」
  • 「面白いから」
  • 「役に立つから」
  • 「惹かれるから」
  • 「満たされるから」         etc.
こういうのは、つまり「何かしらの魅力があるから」ということですね。

人は魅力のある人やモノやサービスに惹きつけられるわけですからね。

魅力あるサイトやお店を作ればいい
長々と書いてきましたが、集客や売上を向上させていくには、魅力あるサイトやお店を作り、運営していけばよい、ということがご理解いただけると思います。

何も難しい話はありませんね。

商売をしている方からすれば、「当たり前のことじゃないか!」って怒られますね。

でも、どうですか?

いまのホームページやブログで本当に集客が出来ていますか?

インターネットで売上が増加していますか?


もしも、満足できないのならば、やはり、どこかが足りないのですね。

何が足りないのか?
当社が長年実践してきた中で分かるのは、すべてではありません。

ただ、店舗とホームページがうまく合っていないということはあります。

例えば、
  • 店舗はいいけど、ホームページは・・・
  • ホームページの情報はわかりにくい
  • ホームページはいいけど、店舗は・・・
  • ホームページの情報と実際の店舗や商品との差が・・・
  • ホームページの情報が少なすぎるので分からない  etc.
店舗に行けば分かることが、ホームページだけでは分からない。

それはある意味で、仕方が無いことです。

人間ですから、面と向かってお話するのが一番です。

しかし、現代の社会では「インターネットで検索する」という行動が一般化してきています。

インターネットは店舗やサービスへの入り口になっているのです。

店舗で上手くいっているのなら、インターネットでも上手くできるはずです。

何かが足りないのか?どこが悪いのか?


探して、対策をしていくしかありません。

そして、試行錯誤、PDCAサイクルを絶えず実施すること、継続することが検索上位表示にもつながっていきますし、集客がだんだんできるようになったり、問い合わせ件数が増えたり、実際の売上が増加するようになったりしていきます。

当社では次のようなに考えて、対策を実施しています
当社は、経営コンサルタント事務所でありますが、インテリアコーディネーター事務所でもあります。また、家具・インテリア用品のデザインも行い、製造販売も行います。

IT関連から様々な士業の専門家ネットワークとも連携しています。

若干変わった会社ではありますが、常に立場の違う者が多面的に見たり、考えたりすることで、硬直的になることを回避できているのだと思います。

違う目線を持つ者が見たり、考えることは重要です。

 中小企業、小規模企業、個人事業主こそWEBを活用。
 WEBで集客し売上を増やしていくことができる。
 それもかなり低コストで。

当サイトでは基本的な考えを提示することがメインです。
気付いていただき、行動する切欠になれば幸いです。
もしも一緒に仕事ができることがあれば、それはとても嬉しいです。

なおテクニックをお探しなら、他のサイトを検索してください。
当社と一緒に【 WEBxREAL 】を良くしていこうと思われる際は「続き」もご覧ください。
「続きを読む・・・」
 


TOP