SEOって何だろう?

SEOって何だろう?

 

SEOって言葉はよく耳にするはずです。

これはSearch Engine Opimization(サーチエンジンオプティマイゼーション)の略で、日本語で「検索エンジン最適化」を意味します。

このSEOは、検索エンジン(ロボット、プログラム)を対象にして、インターネット検索での検索結果で上位表示できるようにWEBに加筆修正をしたり、WEBを書き換えたりすることです。

 

基本的には、WEBのソースコードを修正したり、metaタグを埋め込んだり、画像やハイパーリンクに文字を埋め込んだり、表現すべき文章の中身を見直したりすることで、検索エンジンに高評価をしてもらう手法です。

毎年数回見直される検索エンジンの評価基準に合わせて、WEBを作ることで、検索結果での上位表示をすることをSEO業者は行っています。

ただ、SEOの手法にも良いものと悪いものがあり、悪質な手法を採用した場合は、検索エンジンの評価は著しく低下し、検索結果から最悪は除外されるということも起こっています。

 

検索エンジンのロボット(プログラム)には人工知能AIも搭載されており、日々進化しているため、長い目で見れば、ユーザーにとって有益な情報が集まっているWEBが高評価を得ることになり、結果として、検索結果での上位表示につながると言われています。

このことから、「最先端技術」や「新たなSEO手法」などをうたったSEO業者による営業や売り込みに対しては、見極めと注意することが欠かせません。

SEO業者にも良い業者と悪い業者があり、時代遅れの手法を売り込んだり、ブラックハットと言われる悪質なSEO手法を売り込んだりするSEO業者に引っ掛かると、長年積み重ねてきたWEBの実績が一瞬で崩壊することもあり得ます。

検索結果から除外されるようなペナルティを受けてしまうと、ユーザーの目に付かなくなり、売上げどころではなくなってしまいます。

 

このようなことから、上述したように「ユーザーにとって有益な情報が集まっている、発信されているWEBを目指す」ということがやはり欠かせません。

また、時代に合わせたSEOとして、欠かせないコードやタグの加筆修正などのやるべきことも欠かせませんが。。。

 


TOP