スパムって何だろう?

スパムって何だろう?

 

スパム(Spum)とはスパムメールが代表例ですが、いわゆる「迷惑メール」のことです。

一方的な(受信する承諾が無い)広告付きのメールが大量に送信されるようなものが「迷惑メール」です。

代表的なものは、携帯電話やスマートフォンのメールに送られてくる「身に覚えのない内容・相手」のEメールです。

また、最近では「詐欺行為」につながっている「フィッシングメール」というのものも多くあり、メールの文中にあるハイパーリンクをクリックすると、詐欺サイトにつながり、高額な金銭を不当に要求されるような事案が存在します。

スパムはEメールだけではなく、ブログ(Weblog)や掲示板やチャットなどにも存在しています。

 

スパムに対してはISP(インターネットサービスプロバイダ)のほうでフィルタリング処理していますが、それでも潜り抜けてユーザーに届いてしまうことはあります。

ウィルスチェックソフトをPCなどのデバイスにインストールしていれば、怪しいメールのチェックはできるため、不用意にクリックすることが避けられます。

 

また、文章の内容に身に覚えのないものであれば、基本的には「何もせず、無視する、削除する」ことで問題ありません。

ただ、身に覚えのない内容といえど、「法的措置」などの脅迫めいた内容が書かれていることが多く、慌ててリンクをクリックしてしまい、相手の思う壺にはまってしまうケースがあるかと思われます。

基本は「何もせず、無視する、削除する」ことです。

内容に「訴訟」「訴追」「内容証明」などを始めとした「法律用語」が散りばめられているEメールであれば、ますます「詐欺行為」の可能性が高いものの、そもそもその文章の内容には整合性や根拠となるものは無いことが多く、結果的には「無視・削除」で問題は起こりません。

 

迷惑メールに対して、何らかの反応をし、相手に個人が特定されることが問題です。

相手に個人が特定されれば、個人情報を探られ、不当な請求をでっちあげられることにつながってしまします。

最悪の場合は、個人情報を調べられて、相手はウソの契約書等を作成した上、簡易裁判所を通じて代金請求することさえも可能になってしまいます。

簡易裁判所からの通知が届いてしまうと、無視できない大問題に発展します。相手は不当な詐欺行為をしているとはいえ、裁判所の請求通知は効力を持つので、それこそ弁護士に相談して民事・刑事の両面から対処しなくてはならなくなることもありえます。

このような最悪のケースになった事例は聞いたことはありませんが、詐欺集団からすれば、文書偽造などはカンタンなことで、また訴訟さえも慣れていることも考えられます。

 

こういうことにならないためにも、「怪しきには近寄らず」で迷惑メールを代表するスパムには注意をするべきです。

 


TOP