アクセス解析って何だろう?

アクセス解析って何だろう?

 

アクセス解析とは、WEBサイトの管理者・運営者がWEBサイトの閲覧者の行動や特性や環境などを調査したり、解析したり、分析したりすることです。

例えば、サイト閲覧者がどんなデバイスを使っているか、どんなOSを使っているか、どこの地域の人か、一日の閲覧者はどれくらいか、どんなページを見て、どういうルートでページを移っていくのか、などを解析することができます。

また、どんなキーワードで検索し、WEBサイトへ訪問しているのか、どのページから入ってきているのか、どこで去るのか、なども解析できます。

 

なぜこのようなアクセス解析が必要になるのか?

それはアクセス解析のデータをもとにWEBの作りを見直したり、改良修正を加えたり、SEOを施したりするためです。

企業を例にすれば、ユーザーにとってどういう情報を提供すれば良いのか、どんなキーワードやタグを入れれば良いのか、何が必要で何が不要かなどを検討し加筆修正をし、集客を増やしたり効率化したり、売上を上げるためにはどうするか、などの施策を打っていくために、アクセス解析が利用されます。

つまり、事業の、WEBのPDCA(Plan Do Check Action)サイクルを上手く行うために必要なものということです。

このアクセス解析のデータが無ければ、WEBはただでさえ相手が見えにくい世界である上に、ただ闇雲に施策を打って、一か八かのような状況で突き進むようなことになってしまいます。

そうならないで済むための便利なツール、それがアクセス解析です。

 

 


TOP