http://って何だろう?

http://って何だろう?

 

インターネットを使う場合、企業のWEB(HP)などを入力する場合には必ず「http://~」から入力します。

この「http」は「Hypertext Transfer Protocol(ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコル)」の略称です。

 

WEBブラウザ(PCの閲覧ソフト)とWEBサーバーとの間でHTMLなどで記述されたWEB(HP)のコンテンツを送受信するための通信プロトコル(通信規約・通信プログラム)のことです。

つまり、誰しもが企業のWEBサーバーに接続してWEBページを閲覧できるため、ユーザー(利用者)がPCとWEBブラウザに指示するルール(プログラム)ということです。

 

例えば、あなたが http://aaaa.com とWEBブラウザに入力すれば、

httpのプロトコルを使って、aaaa.comというドメイン名のWEBサーバーにアクセスして、そのWEBの情報やページをこのPCに表示して!という一連の指示をWEBブラウザ(閲覧ソフト)にやっているわけです。

その結果、WEBページが表示されるということです。

 

言ってみれば、このhttp://~が無ければ、PCからインターネットに接続して、探している企業のWEBサーバーに辿り着けず、また企業のWEBページの情報を入手することができないということです。


TOP