DBって何だろう?

DBって何だろう?

 

DBとは、Database(データベース)の略です。

様々な情報を整理し、区分けして、個別の部屋に格納するようなイメージです。

 

例えば、Aさんの個人情報として、氏名、住所、郵便番号、電話番号、携帯番号があるとすれば、その各要素をAさんに関連するデータとして、個別に紐付けながら、個々の格納場所に収納します。

BさんやCさんの個人情報が追加されれば、各要素をAさんと同様に紐付けながら収納します。

AさんのデータはAさんにだけ紐付けられています。BさんはBさん、CさんはCさんのデータとして紐付けられています。

情報の各要素「氏名」の部屋には「Aさんの氏名」「Bさんの氏名」「Cさんの氏名」が収められています。

データベースで「氏名」を検索したとすれば、結果として「Aさん、Bさん、Cさん」が該当しますという結果が表示されます。

ただ、個々のデータは入れ違いが無いように紐付けられているので、「氏名」を検索したのに「住所」が表示されるようなことはありません。

また、「Aさんの住所」を検索したときにも、「Bさんの住所」が表示されることはありません。

 

このデータベースはWEBサーバーにも存在しており、ECサイトで登録した個人情報や購買履歴がDBに保存されたり、多くのお客様の情報がDBに蓄積されることで、マーケティングに活用したり、効果的な宣伝広告をしたりしています。

ECサイトや大手ポータルサイトから「○○さんにおすすめ」といった案内が来ることがあると思いますが、それらはDBにある情報を駆使して、マーケティング活動をしているということです。

 


TOP