サイトのタイトルが決まったら・・・

  サイトのタイトルが決まったら
     SEOの方法・・・②


WEB、ホームページやブログのタイトルが決まったら、どうしましょうか。

自分(自社)でWEBページを製作することができれば、なるべくは自分で製作しましょう。

WEB製作業者さんに依頼するのでも、もちろん構いません。



ただ、「売れる」「問い合わせがある」ホームページでないといけませんので、経営者・オーナーといえども、WEBに関する知識を持っていないとなりません。

なぜなら、WEBに関する知識は、いまどきの中小企業・小規模企業・個人事業主でWEBを活用して受注を図っていこうとするならば、持っていなければならないものだからです。

WEBの構築は、サーバー、クライアントPC、専用ソフト等があれば、いまでは気軽に作ることができるようになっています。

ですから、企業としても最低限の情報投資は時代の要請としても、自社の武器としても持たなければならないと思います。ここを避けては通れない時代とも言えるでしょう。

WEBが取り扱えないのであれば、商売の仕方・仕組みをそのように考えなければなりません。


ただ、このサイトへご訪問いただいている方は、「自分でWEB・HPを何とかしたい」と考えている方だと思いますので、そういう前提に立って、話を進めたいと思います。



話を戻しまして、「サイトのタイトルが決まったら、どうするか」

サイトの名前をindexページ(index.htmlやindex.phpなど)に書き込みます。

HP作成ソフトを使っているとして、HTMLソースを見れば分かりますが、
<head>・・・</head>で囲まれている部分に<title></title>で囲む場所があります。
<title>サイトのタイトル</title> のように入力すれば、サイトのタイトルを入力したことになります。

これは、当たり前の話ですから、これ以上はHP作成ソフトの説明書でご確認ください。



細かなデザインやHTMLソースについても調べて欲しいのですが、WEBブラウザ(ネット閲覧ソフト)で見たときにどうなるかも考えて、次のことを行って欲しいと思っています。


ページの先頭部分を「ヘッダー」といいますが、一般的に「ヘッダー」には「サイトロゴ」「サイト名イメージ画像」「連絡先」などが表示されています。

つまり、「このサイトはこんな感じのサイトですよ。連絡はここですよ。」というのをザックリと「ヘッダー」で表現しています。

ここで、これらの情報よりも上に「サイトのタイトル」を文字入力して欲しいのです。

それも<h1></h1>というタグを用いて文字で書いて欲しい。

<h1>サイトのタイトル</h1>のように。


<h1>タグは「見出しタグ」です。<h数字>タグは<h1>から<h6>まであり、文字の大きさが<h1>→<h6>の順に大→小となります。

そのまま<h1>サイトのタイトル</h1>と入力した場合は文字が大きすぎますので、<font>タグを使って大きさを9~12pixel程度にすると、見た目で邪魔になりません。(CSSなどのスタイルシートで設定してもOK)
(注:古いSEO手口ですが、文字のカラーをサイト背景色と同一にし、隠してしまうようなことをすると、スパム扱いされることもあります。ご注意を。)
こうすることで、サイトタイトルを<title>タグで表示し(WEBブラウザのタブに表示されたり、検索結果に表示されるだけです。)、次にindex.htmlページや他のページの最上部にサイトタイトルを再表示(WEBブラウザでの見た目で表示されます。)すると、サイトのタイトルが事実上複数回表記されることになります。

つまり、WEBページ上の情報の中で、最上部(最重要部)に同じ文言が繰り返されるので、検索エンジン側は「このサイト上の重要な文言」として認識してくれます。



ここまで読めば分かると思いますが、「サイトのタイトル」が重要なんです。

先の記事にも書いていますが、サイトのタイトルに「キーワード」=「検索されそうな言葉」を含んでいれば、検索結果に跳ね返りやすいということです。



それと、もう一つ。

WEBページの最下部になる「フッター」にも「サイトのタイトル」を文字入力しておきましょう。(<h数字>タグを付けるかどうかはお好みです。)

そして、この文字にはトップページへのリンクを貼っておきましょう。(ちなみに、リンクを貼る場合は、「絶対パス」で記述しておくほうが良いような気がします。)



これらの「ヘッダー」「フッター」は各ページ共通としておくことで、ページ数が多くなればなるほど、「サイトのタイトル」「キーワード」がサイト全体の中で数多く含まれることになります。

このやり方は見た目としても、あくまでも自然ですし、ユーザー目線からしても使い勝手や見た目が悪くなるようなことでもありませんので、この方法はもう何年も利用されています。

「サイトのタイトル」にキーワードが3つあるとして、1ページにヘッダーとフッターには記載されるので、3×2回のキーワード出現があります。

index.htmlであれば、<title>タグもあるので3×3回出現します。



なお、ページの本文中にも「キーワード」を意識した文章を記載していくと、キーワードの出現回数も増えます。そして、文章が自然なものであり、内容がしっかりしたものである限り、キーワード出現回数が高くなっても、出現率が異常値になるようなこともありません。

キーワードの羅列を考えたページを作れば分かりやすいですが、ユーザーにとってはページの中味が無意味なものになってしまいます。
これではユーザーの利便性が悪いので、検索エンジンも「低評価」もしくは「スパム扱い」とする可能性が高くなります。


WEBページの本来の目的は、訪れた方に語りかけること、訪問者が知りたい情報を伝えることだと思っています。

ですので、言いたいこと、説明すべきこと等を丁寧に書いていけば、自ずと文章量も増えますし、キーワードと意識していなくても、どうしても重複して使う言葉が多くなります。

ですから、どれだけ量が多い文章を書いたところで、キーワードの出現回数は増えても、出現率が異常になるようなことは起こりえません。


現在、検索エンジンは高度なアルゴリズムを持っていると聞きます。不自然な文書なのか自然な文書なのかを識別するのは容易いのだと思います。
これから益々進むと思うのですが、検索エンジンのロボットはより高度の人工知能AIを持って、神のごとく世界中のWEBページの情報を把握していくでしょうから、やはりあくまでも自然な表現を心掛けて、WEB製作を行うべきなんでしょうね。


今回、このページでご紹介した方法はあくまでも自然な形だと思います。
やるかやらないかは、あくまでもご自身でご判断を。



TOP