自分の強みを転用してみたら・・・

  自分の強みを転用してみたら・・・


この成功法則に記載の内容は、会員限定で毎月無料配布している情報誌に掲載したものです。

短い文章ですが、経営の、成功へのエッセンスだけは盛り込んでいます。何かのヒントになるかと思います。


元銀行員で、現在経営コンサルタントでもある私が見た「いい企業」を紹介します。



今回は、東京都K社。



かなりニッチな市場を対象にしている会社です。



その会社が製造販売しているのは、ステンレス製の便器です。



便器というと、どうしても陶器製を想像しますよね。

ステンレスのもの、普段皆さんが見かけることはありますか?



ステンレス製の便器が使われるところと言うと、公園などの不特定多数の人が利用し、破損の危険性のある場所です。



実は、便器って意外と壊されるそうです。



例えば、陶器製ですと、金属バットなどで叩かれて壊されるとか、足で蹴っても壊れてしまうことがあるようです。



不特定多数の方が利用する場所であれば、管理するのも大変ですから、「壊れない、壊されないものはないか」というニーズが潜在的にあったそうです。



このK社、元々便器を作っていたわけではなく、ステンレス製の製品を加工して販売していたのですが、こういうニーズがあることを、ある時キャッチし、いち早く製品化して、お客様のニーズを満たしたそうです。



今では、公園をはじめ、高速道路のパーキングエリアや刑務所や精神科病棟などでも利用されているそうです。

ステンレス便器の市場は小さなものですが、市場占有率はとても高く、高額納税を継続する優良な中小企業になっています。



消費者のニーズに合ったものを作って、販売している企業は、小さくても輝いていますね。

最近の動向としては、顧客ニーズを満たしていなければ、いくらいいものを作っても売れないという現象が非常に顕著になっていると思います。


TOP