• このエントリーをはてなブックマークに追加

 中小企業診断士とは??
 
中小企業診断士は、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家です。
法律上の国家資格として、「中小企業支援法」第11条に基づき、経済産業大臣が登録します。

中小企業診断士制度は、中小企業者が適切な経営の診断及び経営に関する助言を受けるに当たり、経営の診断及び経営に関する助言を行う者の選定を容易にするため、経済産業大臣が一定のレベル以上の能力を持った者を登録するための制度です。

中小企業基本法では、中小企業者が経営資源を確保するための業務に従事する者(公的支援事業に限らず、民間で活躍する経営コンサルタント)として位置づけられています。

社団法人中小企業診断協会より転載)
 
 中小企業診断士の業務と役割とは??
 
中小企業診断士は、企業の成長戦略策定やその実行のためのアドバイスが主な業務ですが、中小企業と行政・金融機関等を繋ぐパイプ役、また、専門的知識を活用しての中小企業施策の適切な活用支援等幅広い活動が求められています。

中小企業診断士の業務は、中小企業支援法で「経営の診断及び経営に関する助言」とされています。
「現状分析を踏まえた企業の成長戦略のアドバイス」が主な業務ですが、その知識と能力を活かして幅広く活躍しています。

中小企業診断士は、まず企業の成長戦略の策定について専門的知識をもってアドバイスします。また、策定した成長戦略を実行するに当たって具体的な経営計画を立て、その実績やその後の経営環境の変化を踏まえた支援も行います。このため、中小企業診断士は、専門的知識の活用とともに、企業と行政、企業と金融機関等のパイプ役、中小企業への施策の適切な活用支援まで、幅広い活動に対応できるような知識や能力が求められています。

社団法人中小企業診断協会より転載)
 
 中小企業診断士になれば・・・
 
中小企業診断士になればどうなるのか?
そんな疑問を抱かれる方も多くいらっしゃることでしょう。

これから中小企業診断士になろうと思われる方に、当事務所代表である北谷が思うことをカンタンですが記しておきます。


中小企業診断士資格の取得を目指される方は、勤務先でのスキルアップはもちろん、取引先へのアドバイス・プレゼン能力を高めるために取得される方も多いでしょう。
また、経営企画部署希望や経営幹部になるためという方も多くいらっしゃいます。

そもそも、中小企業診断士資格は国の認める唯一の経営コンサルタント資格でもあることから、経営コンサルタントとして独立・開業を目指して取得される方が多いです。


資格取得のためには、企業経営に関わる種々の科目の勉強をし、また社会常識、法的な知識も学ぶ必要があります。そして、筆記試験に合格した後、実技試験をクリアしなければなりません。

学ぶことは山ほどありますので、大学卒業程度の知識があることが望ましいかと思われます。
大学での学部が何であるかは、試験には関係ありませんが、経済学部、商学部、経営学部、法学部などの出身者であれば、比較的勉強は取り掛かりやすいと思われます。

(近年では、ITやシステムが絡む仕事も多いので、情報系や理工系が強みを発揮するともいえます。)

社会人として数年以上経験を積まれた方の場合は、実体験もあり、勉強する上で理解が深まることも多いかと思われます。


私の場合は、銀行から派遣されて、中小企業大学校で学び資格を取得しました。
同期には銀行などの金融機関や中小企業支援団体(商工会議所、商工会、中小企業団体中央会など)や大手企業から派遣された方が多くいた一方、個人で受講される方も複数名いました。
企業や団体から派遣されてきた方々は、その後は派遣元でご活躍されています。
個人で受講された方々は、中小企業診断士事務所や経営コンサルタント事務所を開業なさって、ご活躍されています。


中小企業大学校の場合は1年間(現在は半年間)、寝食を共にしながら学ぶため、卒業後も連絡を取り合うばかりか、仕事を一緒にするなど、公私に渡り一生の付き合いができる友人とめぐり合うことができる良さがあります。

また、中小企業診断士資格取得のための専門学校も同様かと思われます。
ただ、中小企業大学校や専門学校があるのは、限られた地域であるため、地方の方にとっては、中小企業診断士を取得するために学ぶことにもハードルがあるかと思っています。

とはいえ、現在では書籍も豊富に出回っており、通信講座もある上、ネットを活用した講座もあります。「勉強する、診断士になる!」という決断さえすれば、いくらでも学べる機会は用意されています。



本題の「中小企業診断士になれば、どうなるのか?」

実は、中小企業診断士は「足の裏の米粒」という揶揄があるくらいで、資格を取ったくらいでは食えないものです。

つまり、資格取得だけでは何も変わらないのかもしれません。
しかし、資格取得のために学ぶなかで豊富な知識を身に着けていくことは、それだけでも財産です。
その知識を活かすのは、その後の頑張り次第です。

中小企業診断士の資格を取得して、企業で頑張るのも良し、独立開業するのも良し、企業経営者として事業を起こすのも良し、です。
中小企業支援団体などに中途採用で入る方も多くいらっしゃいますし、コンサルティング会社に入る方もいますし、そういう組織を立ち上げる方もいます。

いろいろと選択肢が増えるのは間違いないでしょう。


中小企業診断士として独立したいという方は、駆け出しでは先達の方の事務所に入ったり、弟子入りしたりするのも良い方法です。
また、中小企業支援団体の登録専門家として窓口相談や専門家派遣などで実績を積むという方も多くいらっしゃいます。


私は諸々の都合があって、銀行を退職して、いきなり起業しました。ただ、これは診断士とは無関係のものです。
とはいえ、診断士の知識や人脈もあって、起業する際も起業してからも、診断士であることがプラスに働いてきました。


中小企業診断士を目指されている方、頑張ってください!

  中小企業診断士 北谷 政典

≪当サイトのトップへもどる≫


TOP