Health IDDM ⅡDDMの最近のブログ記事

定期健診の結果は

このところは2か月おきに受けている定期健診。 結果は・・・ 異常ありませんね。 HbA1cも5.3%と低めで、その他のところも問題なさそうです。   ただ、自分的には運動不足もあり、筋力の低下を少し感じます。 これは自分で克服できることなので、運動をしたり、自転車に乗ったりすることが良いでしょうね。 ・・・続きを読む


眠りながら震える

眠りながら震えることが、まあ時々あります。 震えているのが分かっているので、意識は覚めているということですが。 これは私に起こる症状で、IDDMの低血糖の症状。 極端な低血糖になると、手足が震えたり、ほかの症状が出ます。 それと、低血糖だとなかなか眠れないということもあります。 これは生命維持装置と ・・・続きを読む


脳が疲れる感じが・・・

このところ、書類に囲まれているのです。 前も書きましたが。。。 結構なボリュームもあり、それらを全部読んでいます。 斜め読みのところもありますが、とりあえずは理解するためにも読みます。 なかなか時間が掛かる上、面白い物語でもありませんから、眠たくなってもきます。 案件ごとに全部読んで、理解したところ ・・・続きを読む


低血糖になりがち

缶詰になっているのですが、頭を使い過ぎのせいでしょうか、低血糖になりがちです。 脳は糖分を使いますので、脳を使い過ぎると低血糖になります。 考え事とか脳をフル回転させるようなことをやっていると、糖分をかなり消費します。 気が付けば、手元が震えるような状態です。 IDDMってのは、こういうところが厄介 ・・・続きを読む


缶詰になっています

このところ、あまり外へも出ず、缶詰になっています。 しばらくの間はこの缶詰が続きます。 まあ、気晴らしも必要なので、気分を変えるためにほかのこともするでしょうけど。 そうそう、こういう状態だと運動不足になりますね、気を付けないと。   それにしても、どうしていつも重なってくるんでしょうかね。 そうい ・・・続きを読む


病気の原因は何か

病気の原因は何か? その原因が分かれば、治る方法は見つかるのか? 気になるんですよね。   ガンについては、現在の治療というのは対症療法であるということは分かりますね。 ガン細胞を放射線や抗がん剤で叩くのが、いまの治療方法です。 で、そのガンが発生した原因はいったいどこにある? これは現代医療ではい ・・・続きを読む


私のIDDMが発症したのは今から10年前。 時期は今頃。 急激な疲れを感じたり、のどの渇きを感じたり。 それこそ、病的と言えるものでした。   IDDMの発症原因は何かのウイルス感染なのか突然変異なのか、これは分からないんです。 IDDMの発症前には何があったのだろうか?   思い出すのもなかなかで ・・・続きを読む


古くて新しい医学

先日、教えていただいたことです。 私は小さなころから、あれこれと病気に罹り、それを乗り越えてきたのです。 病院通いというのはそれほどしていません。 薬もそれほど飲まずに、なんとか治療というか食養生で治ってきたと思います。   というのも薬に対してアレルギー反応が強く出るので、なかなか薬を飲めなかった ・・・続きを読む


もう25年も前の話です。 私は高校生のとき、動物性たんぱく質に対してのアレルギーを発症しました。 肉類、卵、魚、乳製品などはほぼほぼダメになりました。 食べられるものは、ごはんと野菜と少しの白身魚だけ。 16、17歳のときに、まったく困ったものです。   で、これを克服することに試みました。 食事が ・・・続きを読む


時折起こる猛烈な胃痛

年に1回か2回くらいですが、猛烈な胃痛が起こります。 起き上がるのもシンドイくらいで、これが起こるとだいたい半日近く横になっています。 横なって眠っていれば胃痛は収まります。 胃薬を飲んでも効果はたいしてありません。   昔から胃が弱い感じですが、普通の胃痛とは違います。 胃潰瘍になりかかったときの ・・・続きを読む


自分の身体を知る

ある著名な国際弁護士の方から本を頂戴しました。 その業界の第一人者と言われる方なので、その方については書きません。 少なくともご縁を頂けていることに感謝です。   で、頂戴した本を読んでいます。 病との付き合い方というか、向き合い方などについて、書かれているものです。 私とは病の種類が違いますが、闘 ・・・続きを読む


間違いだらけの糖尿の治療

日本では2型糖尿病の方、予備軍の方、どれくらいいますか? 成人の5人に1人くらいでしたっけ?(記憶違いかな) 確か予備軍も含めれば、2000万人というような数字が発表されていたような。   2型糖尿病と診断されると、食事療法と運動療法と投薬療法を組み合わせますよね。 お医者さんの能力差というか知識差 ・・・続きを読む


身体があちこちボロボロかも

この11月は風邪をひいて、2週間ほど使い物にならず。 やっと治ったと思って、動き出したら、今度は・・・ 歯が・・・ 奥歯に詰めてたものが取れてしまって、まともに飲み食いできないとは。。。 年のせいでもありますかね。 子供のころに直してもらった奥歯ですが、詰め物の接着剤が切れて、取れてしまったんでしょ ・・・続きを読む


IDDM 1型糖尿病。 小児の頃に多くが発症する糖尿病で膵臓のβ細胞が機能せず、インスリン分泌がゼロになり、飲食で高血糖となる。 インスリン分泌が全くなければ、飲食を繰り返すたびに高血糖がさらに高血糖に。 そして、高血糖昏睡となり倒れたり、子供ながらも多臓器不全で突然死することもあるかと思われる。 ・・・続きを読む


糖尿病人口は増加傾向

先週の11月14日は世界糖尿病デー。 世界の糖尿病患者数は4億1,500万人にも上るそうな。 日本の糖尿病人口は720万人だそう。 予備軍を入れると2,000万人くらいだったのかな。 毎年その罹患数は増えているみたいです。   なぜ、糖尿病になるのか? 2型糖尿病は生活習慣病でもあり、生活のリズムや ・・・続きを読む





インテリアコーディネーターを探してるなら


世田谷区の二子玉川を拠点に活動するインテリアコーディネーター事務所。
一人暮らし~ファミリーまで年間50件ほど手掛けています。
東急線沿線,小田急線沿線の方なら素早く対応しています。


家具・インテリア検索
首都圏の高級家具・インテリアのショールーム、ショップ、オンラインショップを検索するなら

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちHealth IDDM ⅡDDMカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは日記です。

次のカテゴリは難関大学受験です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村