ネットで集客をするには・・・

前話の「ネットで稼ぐということは・・・」でネットでの集客にも若干触れました。

うちでは営業活動というものを基本的に行っていません。

そもそも営業マンである私が営業活動をしていないのですから、他には誰もいないのは当たり前。

とはいえ、集客をしていないと仕事もできません。

そこで、14年に渡り「ネットを営業マン」としています。

 

インターネットを通じて、WEBサイト、ECサイト、ブログ、SNSなどを使います。

サイトは1つではありません。ドメインも複数使ってます。

無料ブログも前は使ってましたが、もう何年も前にこれらは辞めています。

 

無料ブログは無料だけに、自社の集客には効果はありません。

基本的に、ブログであれ、SNSであれ、無料のものは自社の集客という部分では意味はありません。

ただ、ブログやSNSに慣れ親しむ入り口としての意味はありますが。。。

 

言いたいこと、伝えたいことはWEBに書かないといけません。

WEBは詳しく書けるので、いくらでも書いてOKです。

ただ、自分が言いたいことだけを書くのではなく、お客さんやそうじゃない人も知りたいこと、困っていること、悩んでいることなどについて、こういう方法や答えがあるとか、こういうサービスや会社があるとかを書くことです。

それと、自社のサービスや製品が優れているというのは程々にしておくのが良いですかね。

また、他社サービスや製品と比べて、どうのこうのはなるべく書かないのが良いでしょうね。(品があるか無いかです。)

 

それと、ここが一番大事です。

WEBサイトやブログにどうやってお客様が訪問してくれているのか、ということを意識しておくこと。

検索エンジンで検索して、その結果から訪問してくれるのですが、なぜ検索するのかを意識しておきましょう。

検索するときは、何か知りたいのか、探しているのか、困ったことがあるのか、何らかの「???」があるはずですから。

 

検索して訪問してくれる方に対して、何らかの答えや方向性を示すことが欠かせないということが分かりますよね。

そういうサイトであれば、検索エンジンで検索して、その検索結果から訪問してくれる人がお客様になってくれるかも知れないし、紹介してくれるかもしれない、ということです。

 

で、WEBサイトを制作する際、WEBの基本はある程度マスターすることが欠かせません。

ただ、デザインや仕組みはあまり凝り過ぎないほうが良いです。

 

例えば、次のようなことに気を付けておきます。

トップページの画像の効果とかアニメーションとかはあまり使わない。

画像を見せる場合もなるべく軽くしておいて、詳しく見たい人はクリックするようにしておく。

ブログも見出しと最初の文章だけを表示しておいて、「詳しくは・・・」とか「続きを読む」とかにしておく。

などなど。

 

なぜ、このようなことを言うか。

自分がサイトを検索で訪問するときのことを考えます。

そして、最近ではスマートフォンやタブレットで見るケースが多いので、Wifiはいいにしても、データ通信が気になる場合はどうでしょう。

開いて、重たくて、なかなか開かないサイトは「そっ閉じ」ですよね。

これは本当はPC向けも同じです。

 

デザイナーさんはデザインに凝るので、重たくなりがちです。

また、WEBサイト業者さんも新しいサービスを使いたいとか、新しいコードを使いたいとかで重たくなりがちです。

すると、いくら見た目が綺麗とかアクションが派手とかであっても、重たいので、スルーというか閉じられたり、「戻る」ボタンを押されます。

結果は、中身を見てもらえなくて、「アクセス数はそこそこあるのに、集客というか成約に至らない。」ということになりますね。

それで「高いお金払ってWEBサイトは作ったのに、ぜんぜん成果が出ない!辞める!」ということになりがちです。

 

インターネット黎明期のようなページ作りではいけませんが、スマホ対応(レスポンシブ対応)して、そこそこの見栄えで見やすいサイト制作をしているほうが、中身をじっくり見てもらえるんですよね、実は。

要は「ユーザー視点」を持って、サイト制作をするかどうかです。

 

あと、私も気にかけていますが、PCでサイトを制作しているとき、PC上でスマホやタブレットの画面を確認しているかどうか。

また、アンドロイドとiosでは実際には見え方が違うことがあるので、どう見えるのかを実機で確認する。

同じiosとはいえ、iphone、ipad、ipadminiも見え方が違うこともあります。

また、macとiosとwindowsでも違うので、これもチェックしないといけない。

まあ、簡易的にはPCの「F12」を押せば確認できますが。。。実機確認も必要です。

 

こういう感じで自社でサイト制作ができれば、良いサイトができます。

そして、集客などの成果も出ます。

たくさんの集客をしたいのなら、広告出稿をしたほうが良いです。広告費用はかなり必要でしょうけど。

 

とまあ、こんな感じでサイトを制作し、サイトを複数持ったり、ブログやSNSと連携させることで、「ネットを営業マン」にするのです。

ネットの営業マンは何人~何十人分もの活躍をしてくれるのです。

(考えと運用次第では、大企業やブランド企業にも対抗できますから。)

 

個人事業主、小規模企業、中小企業はもっとWEB対策について考え、やってみるべきなんですよね。

初期費用なんて数十万円程度ですし、年間ランニングも少ないですから。

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加



インテリアコーディネーターを探してるなら


世田谷区の二子玉川を拠点に活動するインテリアコーディネーター事務所。
一人暮らし~ファミリーまで年間50件ほど手掛けています。
東急線沿線,小田急線沿線の方なら素早く対応しています。


家具・インテリア検索
首都圏の高級家具・インテリアのショールーム、ショップ、オンラインショップを検索するなら

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、Administratorが2017年11月29日 18:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ネットで稼ぐということは・・・」です。

次のブログ記事は「燃え尽き症候群にならないためには」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村