難関大学受験について

難関大学を受験される方、親御さんに参考になればという思いで、記事を書いていこうと考えています。

私自身の受験の話はもう30年近く前になるので、参考にならないかと思われますが、実際、娘の受験を通しても役立つ話もあるので書くことにします。

記事は不定期更新になってしまいますが、勉強をどうするか、何をやるか、部活や遊びとどう両立するかなどについて話そうと思っています。

 

また、私自身は慶應義塾大学商学部ですが、偏差値35程度の高校から、東大受験をして、結果的に慶應という感じです。

(マンガの「ドラゴン桜」を地で行く感じです。)

それと、これは一部の方しか知らないのですが、現役のときは慶應経済に合格しています。

幼いころから「東大に行きたい」という思いで一浪したのですが、現役でも浪人でも結果は慶應ということでした。

 

ちなみに、私が現役と浪人を通じて受かった大学はというと。。。

 慶應義塾大学・・・経済学部、商学部

 青山学院大学・・・国際政治経済学部

 上智大学・・・法学部

早稲田大学の政治経済学部と商学部を現役のときに受けましたが、これは共に落ちてましたので、浪人時は受けていません。

現役の時は、東大、慶應、早稲田の3校だけを受けています。

東大(文科Ⅱ類)は言わずもがなで落ちてますね(笑)

受験したのは、東京のこれらの大学(東大、慶應、早稲田、上智、青学)だけです。

 

ということで、偏差値35からでも東大も狙えるし、難関大学合格もできるということをお伝えしたいなと。。。

また、高校の偏差値が低いだけでなく、私もバンド活動やらで遊び過ぎて、偏差値35くらいまで落ちこぼれていたので、「勉強が出来ないという気持ち」も分かります。

ですから、大抵の方に分かる話ができるのではないか?と思ったのですね。

 

昨年は上の娘も受験生でしたし、下の娘も大学受験をもう2年後に控えています。

二人とも予備校や塾には行かせず、自宅学習でやらせています。

親が面倒みることができるところは、もちろん、面倒みています。

上の娘は、結果的に「慶應理工」に推薦で決まりましたが、そこまでの受験対策は親としてサポートしていたつもりです。

 

まあ、ざっくりしていますが、そんな感じの人の話です。

興味があれば覗いてみてください。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加



インテリアコーディネーターを探してるなら


世田谷区の二子玉川を拠点に活動するインテリアコーディネーター事務所。
一人暮らし~ファミリーまで年間50件ほど手掛けています。
東急線沿線,小田急線沿線の方なら素早く対応しています。


家具・インテリア検索
首都圏の高級家具・インテリアのショールーム、ショップ、オンラインショップを検索するなら

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、Administratorが2017年11月13日 15:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ブログ更新停滞の理由は?」です。

次のブログ記事は「偏差値35からの打開策は?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村