賃貸物件のインテリアは工夫次第で・・・

インテリア関連の話です。

インテリアコーディネートのご依頼では分譲物件と賃貸物件がありますが、賃貸物件は自由度という上で若干の悩みも出てきます。

借主の方は賃貸物件ということで、傷や汚れを付けないようにと気を使っています。

とは言え、壁紙が白一色であったり、照明がシーリングであったり、あれこれと無難に収まっているため、面白みというか個性を出したくても、どうしていいか悩むことも多いですよね。

また何か手を加えるにしても、釘やビスを打つことを嫌いますよね。

家具やカーテンをコーディネートするだけでも随分と雰囲気は変わりますが、どうしても壁面へのアプローチでは二の足になりがちです。

壁面収納を造り付けのようにしたい、壁面に飾り付けたい、壁紙を思った感じにしたい、なんてご要望はたくさんありますね。

 

で、釘やビスを壁に打ち込むのではなく、そういったご要望に応えられるようにしています。

これはこれでなかなか大変さはありますし、多少の制約も伴いますが・・・

それと採寸から材料や道具の用意と面倒なこともたくさんあります。

壁面収納のような家具は地震等の転倒防止も含めて、良いものがたくさんありますので、ずいぶん楽にできるもんです。

壁面収納などをやるときも、部材次第ではしっかりしたものもできます。壁へのビス留めはもちろん無しです。

また、良い壁紙と接着剤もできたおかげで、退去時に楽に剥がせて、掃除も楽な壁紙がありますので、雰囲気作りもバリエーションが広がりましたね。

ただ、どれも部材や材料に気を付けないといけないので、そこが手間ですね。

 

とはいえ、賃貸物件でも工夫とアイデアをもってすれば、かなり雰囲気を変えられます。

真っ白であったり、無難であったりしたインテリアが自分の好きな感じになるのですから。

まあ、材料や部材選定をきっちりしたり、採寸から施工まで面倒な作業も多いので、やはりプロにお任せというのが良いでしょうね。

賃貸物件ですと、道具もいろいろと揃えていないと出来ないことも出てきますからね。

 

それにしても、血なんでしょうかね。

大工の祖父と家具作りの父の血を引き継いでいるんでしょうね。

かなり面倒な仕事でも楽しいと思うんですから。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加



インテリアコーディネーターを探してるなら


世田谷区の二子玉川を拠点に活動するインテリアコーディネーター事務所。
一人暮らし~ファミリーまで年間50件ほど手掛けています。
東急線沿線,小田急線沿線の方なら素早く対応しています。


家具・インテリア検索
首都圏の高級家具・インテリアのショールーム、ショップ、オンラインショップを検索するなら

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、Administratorが2016年10月 8日 17:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「中小企業がWEBで何を伝えるか・・・」です。

次のブログ記事は「小さな会社や事業所こそWEBを活用すべき」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村