case54・・・事業性評価融資~経営者の評価~

「事業性評価融資」や「事業性評価に基づく融資」というのは、端的には、「事業性を評価した担保・保証によらない融資」(以下、「事業性評価に基づく融資」という。)と金融庁が言っているもので、決算書の内容や保証・担保だけで判断するのではなく、事業内容や成長可能性等も評価して行う融資、ということです。

平成26年夏頃にこの言葉が金融庁から出てきます。

(参考:http://www.fsa.go.jp/news/26/20140911-1/02.pdf)

(参考:円滑な資金供給の促進に向けて:http://www.fsa.go.jp/news/27/ginkou/20150730-1/01.pdf)

「事業性評価融資」については、「case53・・・事業性評価融資とは?」でも説明していますので、左記リンクからご参照ください。


 

事業性評価融資では、経営計画書や事業計画書にはじまり、知的資産評価、個別ノウハウの評価など総合評価が必要となるかと思われます。

ここでは、case53の中で書き出したリストについて、一つ一つについて説明したいと考えております。

以下は、case53で挙げた見るべきポイントの一覧です。

  1. 経営者の姿勢、やる気、人柄、経歴、人脈、健康状態、家庭環境
  2. 従業員との関係、従業員間の連携具合
  3. 技術力の裏付け(従業員の技術・処理能力や余力、保有機械の技術・処理能力や余力、材料・技術等の組み合わせ、独自ノウハウ、特許・意匠、非公開技術、作成・納入事例、受賞歴など)
  4. 製品・サービスの特異性や競争力、差別要因
  5. 仕入から納品までの各工程の作業内容、特異性
  6. 商品設計やデザイン設計等初期工程でのノウハウ、工夫、アイデア
  7. 営業・企画・広告のノウハウ、工夫、アイデア、実績、計画
  8. 工場・倉庫・営業所等のレイアウトや5Sの状況、工夫
  9. 工場機械設備、冶具、車両等の保有・稼働状況
  10. 研究・研修の取組状況・実施体制
  11. 仕入先との連携・関係
  12. 販売先との連携・関係
  13. 展開・進出可能なエリア、業界、業種
  14. 専門機関、研究機関、専門家等外部との連携
  15. そのほか

 

今回は、経営者の評価として、「経営者の姿勢、やる気、人柄、経歴、人脈、健康状態、家庭環境」について述べます。

当WEBの中では、経営者に関することは多く書いていますが、融資の評価としてどういう点をみるべきか、について改めて記します。

経営者の評価、見るべきポイント

  1. 学歴
    • 最終学歴はそのときの景気や育った環境に依存しますので、中卒、高卒、大卒、院卒の違いは気にしないでも良いです。
    • 学校名や学部は育った環境と知識や技能の背景を知る要素になります。
    • 家庭環境等の背景が分かる場合、学歴が辻褄が合うかどうかを確認します。
    • 「卒業」か「中退」は判断要素となります。「継続」や「忍耐」という面、途中で投げ出さない気質を見抜く材料です。
    • 職歴や現在の事業の基礎や関係性があるかを判断する材料です。
  2. 職歴
    • 学歴とつながっているかを見ます。
    • 転職の有無は、「継続」や「忍耐」や「途中で投げ出さない」という気質を見極める材料です。
    • 転職の有無は、「上昇志向」や「良い方に流れる」という性格を見抜く材料です。
    • 種々の職種を経験している場合は、その理由を確認します。幅広い職種を知っている強みの有無を確認します。
    • 現在の事業に関わる職歴なのか否かは、知識・経験や人脈の広さや深さに関わります。
  3. 保有資格
    • 保有資格は「勤勉さ」「意欲」を示します。
    • 職務・業務に必要な資格を保有しているか確認します。
    • 経営者が保有していない場合は、社内の誰が保有しているか確認します。
  4. 人脈(...アイデア、協力や支援を得やすい)
    • 社外(地域、ボランティア、経済団体等)の人脈を把握します。
    • 同業者、業界団体との関係性やその中での立ち位置を確認します。
    • 友人、親類が分かる場合は、事業に関係性があるかを確認します。
    • 反社会的勢力・組織との関係性の有無を確認します。
  5. 地域活動(...地域に根差した事業の場合)
    • 地域の学校行事やPTA活動をしているか確認します。
    • 清掃やボランティア活動をしているか確認します。
    • 地域自治会等での活動や役職をしているか確認します。
  6. 趣味・スポーツ・特技(...気分転換、切り替え方の有無)
    • 趣味や好きなスポーツがあるかどうかを確認します。
    • 頻度や傾注度合いを確認します。
  7. 外見・服装・装飾品
    • 職種・職務に見合っているかを見ます。
    • 華美・派手な場合はその理由を確認します。
    • 自宅や自家用車も確認します。
    • 芸能活動等パフォーマンスを必要とする仕事の場合は当項目は除外します。
  8. 嗜好(飲酒・賭け事...度が過ぎるか否かで信用・自制心をみます。)
    • 飲酒の度合いを確認します。
    • 高級クラブ等に通うか否か、度合いを確認します。
    • 賭け事が好きか否か、度合いを確認します。
  9. 尊敬する人物・座右の銘
    • 行動や考え方の基礎となっていることがあります。
    • 回答と言動が概ね一致しているか否かをみます。
  10. 信仰の有無
    • 信仰の有無や宗教・宗派等で融資判断に影響することはありません。
    • 行動や考え方の基礎となっていることがあります。
    • 過度に入れ込み過ぎていると感じる場合、影響を受ける可能性の有無を確認します。
    • 寄付等が多過ぎる場合、個人保有資産が流出する可能性があります。
    • 反社会的な活動の宗教や団体でなければ問題ありません。
  11. 家族構成
    • 同居家族がいるか。
    • 結婚しているか。子供がいるか。
    • 他に収入があるか。
    • 教育資金や養育費、介護費用がいるか。
  12. 住居
    • 持ち家か。
    • 賃貸物件の場合、将来設計はあるか。
    • 一戸建ての場合、定期的なメンテナンスは行われているか。
    • 住宅ローンがあるか。
  13. クレジットカード
    • クレジットカードを何種類持っているか。
    • クレジットの極度はいくらか。
    • クレジットでのローンはあるか。
  14. ローン
    • 住宅関係のローンはいくらか。
    • 教育関係のローンはいくらか。
    • その他のローンはいくらか。
  15. 貯蓄
    • 個人の貯金はあるか。
    • 家族の貯金はあるか。
  16. 健康状態
    • 健康か否か。
    • 持病やケガの具合はどうか。
    • 入院歴はあるか。
  17. 生命保険・年金等
    • 生命保険に加入しているか。
    • 年金・健康保険の加入状況はどうか。

 

これらのことを一つ一つ見て、確認していくこと、経営者との面談を重ねていくことで、その経営者の人物像が把握できるでしょう。

また、面談内容を含め、これらの諸項目を書面に残しておくことで、担当者が変更となっても、経営者を把握することができます。

 

このような項目で経営者を把握するのは、基本的に「企業は人なり」という根幹に関わることたからです。

業況が良いときよりも、業況が厳しい・悪いときに、経営者がコツコツと努力を積み重ねることができるか、社員を先導していけるか、途中であきらめたり、投げ出したりしないかを見抜くためのものです。

また、持ち家や所帯持ちというのも、「守るべきもの」があるために、どんなに苦しい状況でも自暴自棄にならず、踏ん張れるかを見るのに役立ちます。

 

華美や派手な格好をしていたり、生活をしていたりという場合は、所得が見合っていない限りは、どこかで辻褄が合わなくなる恐れがあります。浪費くせがあることが悪いわけではないですが、事業運営には良い時も悪い時もあるため、個人の生活においても、節度や自制心をもっているか否かを見ておくことは必要です。

資産をどのような形で持つかは、あくまでも個人の自由です。

とはいえ、金融機関から融資を受けられない時に、換金可能な資産を持っていれば難を逃れますが、貴金属でさえ二束三文にしかならないことが多いので、経営者としては身なりが派手過ぎるというのは、その姿勢に疑問を持たれることにもなります。

 

様々な項目を把握し、その経営者が信用に足ると言えるか否かは、各金融機関等によって基準も異なります。

ここに記したポイントはその一端でしかないかも知れませんが、参考になればと思いから記しました。

 

ご訪問ありがとうございます。
今日は です。

銀行、融資、不動産担保、事業性ローンの講座はこちら
(基本や事例を知りたい方はこちら)

不動産担保ローン・事業性ローンの検索はこちら
(お悩みの方、すぐ借りたい方はこちら)

(WEBの活用でお悩みの方はこちら)
 

初回相談無料!! お気軽にお問合せください クリックでSSLセキュリティ対応のお問い合わせフォームが開きます
(お問合せの際はこちらをクリックしてください)



お気に入りに追加&ATOM FEED

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 購読する
 


TOP