支払勘定回転率

支払勘定回転率について

 

(計算式)(当期直接材料仕入高+外注工賃+間接材料費+商品仕入原価)/(支払手形+買掛金)(回)

 

(意味)

仕入代金の支払い状況を示します。

商品や材料等の仕入高が買入債務(支払勘定)の何倍かを示した指標です。

比率が高いほど、仕事の回転が図れているといえます。

支払サイト(月数)と比べて比率が相当かどうかをみれば、支払状況が良いか悪いかが見えてきます。

この比率が高ければ、売上も自ずと多くなるはずで、受取勘定回転率も高くなります。

これらのバランスを前期、前々期と比べて、大きな変化があれば、注意が必要です。

 

ご訪問ありがとうございます。
今日は です。

不動産担保ローン・事業性ローンの検索はこちら
(お悩みの方、すぐ借りたい方はこちら)


事業性融資・ビジネスローン講座

経営改善・事業再生・再建講座

不動産担保ローン講座

カードローン・キャッシング講座

中小企業の経営指標

よくある質問

無料ダウンロード

ブログ・メモ

プレスリリース NEWS


お気に入りに追加&ATOM FEED

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 購読する
 


TOP