固定長期適合率

固定長期適合率について

 

(計算式)固定資産/(自己資本+固定負債)x100(%)

 

(意味)

「自己資本対固定資産比率」で説明していますが、日本の中小企業の場合、固定資産を借入金に依存していることが少なくありません。

長期間の回収を必要とする固定資産を返済不要の自己資本だけで賄うことができないことが多く、長期借入金や社債等の固定負債にも頼っているのが実際です。

このため、自己資本と固定負債を合わせた資金額で固定資産がどれ位カバーされているかを見る必要があり、この比率が使われています。

一般的に、この比率が80%前後が平均となっており、その平均を目安にして、長期借入金や社債を調達するのがベターです。

 

なお、当比率が100%を超えている場合、固定資産の調達資金として、流動負債も充当されていることになり、資産負債のバランスが崩れていることが言えます。資金繰りも悪いと言えます。

また、固定資産が多過ぎるとも言え、固定資産の中に無駄なものがあるか、不良債権が隠されているかを確認する必要があります。

 

ご訪問ありがとうございます。
今日は です。

不動産担保ローン・事業性ローンの検索はこちら
(お悩みの方、すぐ借りたい方はこちら)


事業性融資・ビジネスローン講座

経営改善・事業再生・再建講座

不動産担保ローン講座

カードローン・キャッシング講座

中小企業の経営指標

よくある質問

無料ダウンロード

ブログ・メモ

プレスリリース NEWS


お気に入りに追加&ATOM FEED

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 購読する
 


TOP