自己資本対固定資産比率

自己資本対固定資産比率について

 

(計算式)固定資産/自己資本x100(%)

 

(意味)

固定資産に投下された自己資本の割合を示します。

固定資産は生産等の企業活動に長期間に渡って活用されますので、その資金の回収には長期間を要することとなります。

本来、固定資産のように超長期の回収期間が想定される場合は、返済を必要とする資金で調達しない、つまり借入金による調達ではなく、自己資本によって賄われるのが望ましいと言えます。(この比率が100%以内が望ましい。)

とはいえ、日本の中小企業の場合は自己資本の割合が低いため、借入金に依存しがちなため、この比率は100%を超えることが多くなっています。

 

ご訪問ありがとうございます。
今日は です。

不動産担保ローン・事業性ローンの検索はこちら
(お悩みの方、すぐ借りたい方はこちら)


事業性融資・ビジネスローン講座

経営改善・事業再生・再建講座

不動産担保ローン講座

カードローン・キャッシング講座

中小企業の経営指標

よくある質問

無料ダウンロード

ブログ・メモ

プレスリリース NEWS


お気に入りに追加&ATOM FEED

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 購読する
 


TOP