棚卸資産回転率

棚卸資産回転率について

 

(計算式)売上高/棚卸資産(回)

 

(意味)

棚卸資産が1年間で何回転しているかを見ることで、棚卸資産を有効活用できているかを示す指標です。

回転率が低い場合は、棚卸資産が多過ぎるということであり、資金を圧迫していることがあります。

一方、回転率が高い場合は、棚卸資産が少な過ぎることがあり、販売の機会損失を出していることがあります。

ただ、受注生産や在庫を持たない業種の場合は、この回転率が高くなり過ぎるので、この指標以外のものを判断材料にします。

 

ご訪問ありがとうございます。
今日は です。

不動産担保ローン・事業性ローンの検索はこちら
(お悩みの方、すぐ借りたい方はこちら)


事業性融資・ビジネスローン講座

経営改善・事業再生・再建講座

不動産担保ローン講座

カードローン・キャッシング講座

中小企業の経営指標

よくある質問

無料ダウンロード

ブログ・メモ

プレスリリース NEWS


お気に入りに追加&ATOM FEED

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 購読する
 


TOP