受取勘定回転率(B)

受取勘定回転率(B)について

 

(計算式)売上高/(受取手形+売掛金+割引手形)(回)

 

(意味)

売上高が売上債権(受取勘定)の何倍になるかを示しています。

この回転率(回)により、売上債権の回収状況が正常かどうかを見ます。

この式の分母から割引手形を引いたものを受取勘定回転率(A)とします。

この数値は高ければ高いほど良いとされます。

低い場合には、資金繰りが厳しいことを示します。

また、売掛金の回収ができていない債権が存在したり、手形サイトが長期化した手形があったり、回収不能な手形や売掛金が紛れ込んでいることがあれば、この比率は低くなります。

前期や前々期と比較して、異常な数値が出ていないかチェックします。

 

ご訪問ありがとうございます。
今日は です。

不動産担保ローン・事業性ローンの検索はこちら
(お悩みの方、すぐ借りたい方はこちら)


事業性融資・ビジネスローン講座

経営改善・事業再生・再建講座

不動産担保ローン講座

カードローン・キャッシング講座

中小企業の経営指標

よくある質問

無料ダウンロード

ブログ・メモ

プレスリリース NEWS


お気に入りに追加&ATOM FEED

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 購読する
 


TOP