ネットバンキングの危うさ

インターネットで銀行の取引ができるようになって、とても便利な世の中になりました。

ひと昔前までは銀行と専用回線で結んだオンライン銀行決済がありました。

インターネットになったことで、どこからでも携帯電話やスマートフォンからでもアクセスできるようになりました。

 

便利さはとても有難い話です。

ですが、インターネットというのはどこからでもアクセスできる反面、どこからでもアクセスされるというわけでもあります。

ハッキング、クラッキングをする方は、一体どこからアクセスしたのかさえ分からないように、様々なサーバーを経由しながら、銀行のサーバーにアクセスし、また利用者のPCにもカンタンにアクセスしています。

 

いつの時代にも、頭の切れる泥棒は存在するものです。

インターネットバンキングは便利なので、そこが狙い目になるわけでもあります。

また、サーバーやPCの処理能力が高まっていることも、IDやパスワードの割り出しを容易にしてしまっています。

 

ということで、ネットバンクをご利用する場合には、それなりにガードをして、不用意にサイトへアクセスをしたり、パスワードを同じものを使ったりしないなどのことは最低限でもやっておかなければなりません。

 

銀行のシステムは最強というわけでは無いはずです。

巨艦システムですから、日々のウィルス対策のメンテナンスにも四苦八苦しているかも知れません。

それに、いまは銀行のシステムそのものがインターネットの中にあるわけですから、日々膨大な攻撃を受けている状況で、その膨大な攻撃を受けるなかで、ほんの一瞬のスキがあれば、攻め込まれるわけです。

 

銀行のシステムは最強ではないということをご利用される側も理解しておくべきです。

ネット振込でパスワードとIDを盗まれて、口座から不正に送金されたとして、取り戻すには相当の時間と苦労もあるはずです。

 

元銀行員で、私がやっているときは、インターネットバンキングじゃなくて、専用回線の時代でしたが、それでも不正アクセスについては100%の対策は無かったと思います。

システムには必ずスキがあり、完璧にガードされることはありません。

 

我々は大手の企業から与えられたシステムは安心安全と思い込む傾向があるようです。

大手の銀行といえど、システム開発会社といえど、人がプログラムを組んでいて、脆弱な部分は必ずあることを忘れないことです。

成りすましのEメールもいまだに多く見ています。

 

相手は狙っているのです。

あなたの口座から預金残高を奪うことは、ハッカー、クラッカーからすれば赤子をひねるようなものです。

ネットバンキングは便利ですが、それなりのことを利用者もしていなければならないのです。

銀行があなたの口座残高を保証してくれるとは限らないのですから。

狙われたら、もう逃れられない、IDとパスワードを奪われたら、根こそぎ奪われるという危機感をどうか忘れないでください。

ご訪問ありがとうございます。
今日は です。

不動産担保ローン・事業性ローンの検索はこちら
(お悩みの方、すぐ借りたい方はこちら)


事業性融資・ビジネスローン講座

経営改善・事業再生・再建講座

不動産担保ローン講座

カードローン・キャッシング講座

中小企業の経営指標

よくある質問

無料ダウンロード

ブログ・メモ

プレスリリース NEWS


お気に入りに追加&ATOM FEED

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 購読する
 


TOP