クレジットカードや銀行融資は総量規制の対象になるのですか?

改正貸金業法により、カードローンやキャッシングなどの上限額は「年収の1/3以内」と定められています。

これは、借り過ぎを予防し、借主の負担を未然に防ぐことを目的としています。

最近では、ショッピングのためのポイントカードにもクレジットカードの機能が付加されていることが多くなっていますので、クレジットカードに関して不安を抱かれる方もいらっしゃると思います。

 

この総量規制と言われる借入(融資)の上限額の計算には何を含み、何を含まないのでしょうか。

 

  • クレジットカードでのキャッシングについては、総量規制の対象となります。

クレジットカードの契約書や明細書に記載されている「キャッシング枠」は「借入枠」とみなされます。

ただし、クレジットカードを使った商品購入(ショッピング枠)については、総量規制の対象外です。

 

  • 銀行でのお借入れについては、総量規制の対象外になります。
  • 銀行のカードローンは一般の銀行などの借入れ同様、総量規制の対象外となります。

 

  • 複数のカードローン、キャッシングの融資枠については、総量規制の対象となります。

 

クレジットカードを多数持っていて、キャッシング枠が付加されている場合、カードローン申込時に総枠の計算によって、申込希望額から減額されることがあります。

実は、クレジットカードにキャッシング枠が付加されていることをご存じない方もいらっしゃいます。

同じ借入枠であれば、クレジットカードのキャッシング金利とカードローン金利を比較してみて、有利なほうを選ぶべきです。

そして、クレジットカードのキャッシング枠が不要であれば、クレジットカード会社へ連絡し、キャッシング枠を削減することも可能です。

また、使わないクレジットカードがある場合は、年会費なども考え、利用停止しておくのも、賢い手かもしれません。

 

ご訪問ありがとうございます。
今日は です。

不動産担保ローン・事業性ローンの検索はこちら
(お悩みの方、すぐ借りたい方はこちら)


事業性融資・ビジネスローン講座

経営改善・事業再生・再建講座

不動産担保ローン講座

カードローン・キャッシング講座

中小企業の経営指標

よくある質問

無料ダウンロード

ブログ・メモ

プレスリリース NEWS


お気に入りに追加&ATOM FEED

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 購読する
 


TOP