収入証明書類は必ず必要?

カードローン、キャッシングを申し込む際には、収入を証明する書類が必要な場合があります。

次のいずれかに該当する場合は、収入証明書類のご提出が必要となります。

  • ご希望のお借入額が50万円を超える
  • ご希望のお借入額と他社でのお借入残高の合計が100万円を超える

※上記に該当しない方は収入証明書類の提出は不要です。

※本人確認書類(運転免許証、パスポート、健康保険証のどれか)は必要です。

 

収入証明書類を一度提出した方でも、次のいずれかに該当した場合には、あらためて収入証明書類を提出いただく必要があります。

  • 収入証明書類の発行日から3年を経過した場合 (ただし、発行日から2年を経過し3年を経過するまでに勤め先に変更がないことを確認できた場合は、5年を経過したとき)
  • お勤め先に変更があった場合など

 

(以下ご留意事項)

借入総額が年収の3分の1を超えている場合、または、収入証明書類の提出が必要な方から、収入証明書類を提出いただけない場合には、利用限度額の減額または借入れを停止することが、改正貸金業法で義務付けられています。

 

ご訪問ありがとうございます。
今日は です。

不動産担保ローン・事業性ローンの検索はこちら
(お悩みの方、すぐ借りたい方はこちら)


事業性融資・ビジネスローン講座

経営改善・事業再生・再建講座

不動産担保ローン講座

カードローン・キャッシング講座

中小企業の経営指標

よくある質問

無料ダウンロード

ブログ・メモ

プレスリリース NEWS


お気に入りに追加&ATOM FEED

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 購読する
 


TOP