カードローンの極度額は・・・

カードローンの極度枠(融資枠)の大きさ、極度額はどのようにして決まるでしょうか。

取り扱い会社(金融機関、消費者金融会社、クレジットカード会社等)が提供する商品によって異なります。

取り扱い会社としては、その商品で取り扱いできる最高額を提示して、告知していることがほとんどです。

 

例えば、融資最高額800万円とか500万円という表示です。

 

カードローンは、10万円ほどからのものもありますし、1,000万円近くまでのものもあります。

テレビCMなどで極度額が大きいものは、800万円、500万円、300万円という金額です。

実質的に多いのが、30万円、50万円、100万円という極度額でしょう。

もちろん、これらは個人向けの無担保型カードローンの極度額です。

 

有担保型であれば、1,000万円、3,000万円、5,000万円程度のカードローンを持つことも可能です。

 

もちろんですが、これらの無担保型、有担保型も、申込本人の希望とする極度額を確認したうえ、所得や職業や勤務先などの個人信用情報等々を総合的に判断して、極度額を決めています。

本人の希望通りにならないことも多いかと思われます。

 

クレジットカード会社で、クレジットカードにカードローンの設定がある場合、クレジットカード会社側の審査で極度額が決まり、本人の希望とは違う極度額が与えられていると思われますが、クレジットカードの取り扱い可能額の範囲に収まる金額に設定されている様子です。

 

(個人向けのカードローン・キャッシングの一覧はこちら)

ご訪問ありがとうございます。
今日は です。

不動産担保ローン・事業性ローンの検索はこちら
(お悩みの方、すぐ借りたい方はこちら)


事業性融資・ビジネスローン講座

経営改善・事業再生・再建講座

不動産担保ローン講座

カードローン・キャッシング講座

中小企業の経営指標

よくある質問

無料ダウンロード

ブログ・メモ

プレスリリース NEWS


お気に入りに追加&ATOM FEED

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 購読する
 


TOP