カードローンを申し込める人は

カードローンは借り入れですから、申し込める人に一定のルールが設けられています。

金融機関、消費者金融会社、クレジットカード会社との契約を締結する必要がありますので、契約を結ぶことができる者であることが求められます。

基本的には、成人であり、職業があり、所得がある方になっています。

 

満年齢20歳以上の場合は上記に当てはまれば、誰でも申し込みが可能です。

ただし、成年後見人が必要な方の場合は、申し込む会社によっては審査が通らないこともあります。

また、満年齢20歳未満の成人の場合は、保証人等により申し込みが可能となります。

高齢者の場合は、会社毎に申込年齢の上限を設けていることもあります。(例えば、65歳、70歳、72歳など)

 

専業主婦・専業主夫の場合は、配偶者が連帯保証人になるなどで、申し込みが可能なこともあります。

 

職業、勤務先については、基本として1年以上勤務しているか否かという目安があります。

所得については、所得証明もしくは納税証明の提出等を求められることもあります。そして、所得内容によって、融資極度の大きさが決められることにもなります。

 

気をつけていただくべき方は、各金融機関によって定めたルールもありますが、次のような方の場合は、申込をしても審査が通らないことが多いと思われます。

 

 ・破産している

 ・金融機関で延滞等の事故をしている

 ・多重債務により法的手続きを行っている 

 ・反社会的勢力に関係している

 ・テロ組織や国家に関係している     etc.

他にも種々ありますが、詳しくは各会社の申込書やホームページに記載されてもいますので、そちらをご覧になるほうがよいでしょう。

 

(個人向けのカードローン・キャッシングの一覧はこちら)

 

ご訪問ありがとうございます。
今日は です。

不動産担保ローン・事業性ローンの検索はこちら
(お悩みの方、すぐ借りたい方はこちら)


事業性融資・ビジネスローン講座

経営改善・事業再生・再建講座

不動産担保ローン講座

カードローン・キャッシング講座

中小企業の経営指標

よくある質問

無料ダウンロード

ブログ・メモ

プレスリリース NEWS


お気に入りに追加&ATOM FEED

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 購読する
 


TOP