カードローンって

カードローンとは、主に個人向けの無担保ローンのひとつです。

カードローンとは、銀行や信用金庫などの金融機関が発行するカードを利用するローンのことです。

消費者金融会社、クレジットカード会社もカードローンを提供しています。

 

金融機関や消費者金融会社が発行するこのカードは、ローンカードと呼ばれ、カードローンを利用ならびに返済するときに、CD・ATMで利用する専用のカードです。

(金融機関では普通預金のキャッシュカードにカードローンがセットされたキャッシュカードを発行していることもあります。また、クレジットカード会社が発行するクレジットカードは1枚のカードで兼用しています。)

 

カードを利用して、あらかじめ契約した貸出枠(融資枠とか貸出極度とか極度とも言われます)の範囲で、金融機関やコンビニエンスストアに設置されたCD・ATMを通じて資金を借り入れる事が出来ます。

最近では、カードを用いずにインターネットバンキングなどを利用してローン口座から普通預金口座への振替や振込で資金を貸し付ける形態のみのローンもあります。

(これはネットローンやネットキャッシングなどと呼ばれ、カードローンとは厳密には異なります。)

カードローンの貸出枠(極度)は、10万円、30万円、50万円、100万円、100万円以上と各金融機関ならびに各商品によって、その設定額は異なります。

また、貸出(融資)金利についても、各金融機関ならびに各商品によって異なります。

ただし、貸出(融資)金利の上限は、利息制限法ならびに出資法によって、融資金額の範囲ごとに決められています。

(利息制限法、出資法の法定上限利率については、別に掲載します。)

個人向けのカードローンは、担保を必要としない無担保型カードローンと、不動産や有価証券などを担保とする有担保型カードローンがあります。

 

無担保型カードローンは、所得、勤務先、年齢、家族構成、他のローン残高などの個人の信用情報等をもとに審査され、その貸出(融資)極度の大きさが決められます。

取り扱いの金融機関とローン保証会社の審査基準により、その極度額の設定判断は異なります。

契約極度額が100万円以内の場合は、安定した勤務先や所得がある場合、比較的スムーズに利用許可が下りると思われます。

契約額が100万円以上の大口の場合は、100万円以内の場合に比べ、審査基準のハードルが厳しくなると思われます。

 

ただ、銀行などの金融機関取り扱いのカードローンの場合は、その金融機関との取引状況(預金残高、融資残高、住宅ローン利用、公共料金引き落とし利用等々)も審査基準のひとつとして加味されます。

また、勤務先が給与振込指定している場合は、職域ローンのひとつとして、普通預金口座とカードローンがセットで申し込み可能というケースもあります。

 

有担保型カードローンは、差し入れた担保の価格・価値が判断基準のひとつに加わり、1,000万円以上の大きな金額の極度(枠)を設定することが可能となります。

また、有担保の場合は、無担保に比べ、融資金利が低くなることが大半です。

 

無担保型カードローン、有担保型カードローンのどちらも資金使途(お金の使い道)については、原則として自由ですが、事業資金として利用する事は出来ないことに契約上なっています。

(ただし、事業資金として利用する事が出来る個人事業主向けのカードローンを別に設けている金融機関もあります。この個人事業主向けのカードローンは信用保証協会の保証を利用することも可能なことが多いです。)

 

(個人向けのカードローン・キャッシングの一覧はこちら)

ご訪問ありがとうございます。
今日は です。

不動産担保ローン・事業性ローンの検索はこちら
(お悩みの方、すぐ借りたい方はこちら)


事業性融資・ビジネスローン講座

経営改善・事業再生・再建講座

不動産担保ローン講座

カードローン・キャッシング講座

中小企業の経営指標

よくある質問

無料ダウンロード

ブログ・メモ

プレスリリース NEWS


お気に入りに追加&ATOM FEED

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 購読する
 


TOP