金融庁の方針転換なるか

先週の日経新聞にも掲載されていたのですが、金融庁が金融検査の方針を見直す様子です。

 

金融検査マニュアルに基づいた画一的な金融検査から、中小企業融資審査において各銀行の審査方針や体制にある程度の裁量を与える方向に動く様子です。

これは良い話だと思います。

中小企業は大企業のビジネスモデルと同じであるはずもなく、財務諸表の良し悪しも大企業と同じように見ては判断を間違えてしまいます。

財務諸表(決算書)に表しにくい、見えない部分に強みがあることも多く、赤字決算であっても資金繰りは問題無いというケースが多いのも中小企業経営ならではのことです。

 

また、私も経験していますが、金融検査マニュアルが前提であれば、ベンチャー企業や担保不足の企業には融資がしにくいということが生じます。

担保や保証が無くても、資金調達が出来れば、相当の規模に成長する企業がこの日本には多く埋もれています。

 

銀行は長年に渡り、金融検査マニュアルにどっぷり浸かってきていますので、ある意味で、感覚が鈍っている可能性も否めないのではないかとも思われますが、「融資マン」とか「本物の銀行マン」が再登場してくれる日が近いと思えることは、中小企業融資を支援する者としては、とても楽しみです。

 

ご訪問ありがとうございます。
今日は です。

不動産担保ローン・事業性ローンの検索はこちら
(お悩みの方、すぐ借りたい方はこちら)


事業性融資・ビジネスローン講座

経営改善・事業再生・再建講座

不動産担保ローン講座

カードローン・キャッシング講座

中小企業の経営指標

よくある質問

無料ダウンロード

ブログ・メモ

プレスリリース NEWS


お気に入りに追加&ATOM FEED

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 購読する
 


TOP