インターネットバンキングの不正アクセスは・・・

インターネットバンキングの不正アクセスによる事故・損害が多発しております。

また、クレジットカードの不正コピーによる被害も多発しています。

 

盗もうとする輩はどうやっても盗もうとします。

いったん狙いを定めれば、とことんやってきます。

それが泥棒だと思います。

 

罪の意識があるとか無いとか、そんな我々の常識は通用しないのだと思います。

 

インターネットバンキングはインターネットにつながる状況であれば利用できるため、便利であることは言うまでもありません。

しかしながら、ネットのプログラムは悪意を持った連中であれば、いくらでも作れるはずです。

クラッカー(ハッカー)は悪意を持って、泥棒さえも行います。

 

インターネットやプログラムソフトは人間が作成しています。

完全無欠のプログラムはありえませんし、プログラムにはバグと呼ばれるエラーが存在していますし、脆弱な部分があるのも仕方がありません。人間が作っているのですから。

 

クラッカーはプログラム上の脆弱な部分を探し、プログラムに穴を開け、不正侵入してきます。

そして不正プログラムに犯されたパソコンやスマートフォンはある意味「ガラス張り」の状態になり、パスワードや口座番号、クレジットカード番号、個人情報などを抜き取ります。

 

インターネットバンキングシステムは厳重なセキュリティを施しているはずですが、やはり人間が作ったプログラムであり、必ずどこかには脆弱な部分が存在します。

 

「ワンタイムパスワード」という利用ごとに変更されるパスワードさえも、Eメールから抜き取られてしまう事故が発生しています。

Eメールの中に不正プログラムが侵入しているため、すべての情報が抜き取られているわけです。

こうなってしまえば、預金口座の残高は気が付けば抜き取られてしまって・・・

 

このようなリスクがあることはご利用されている方々はご存知であると思っていたのですが、ある意味、銀行が提供するインターネットバンキングを信用し過ぎている可能性もあるのではないかと、逆に思ってしまいます。

 

インターネットバンキングはインターネットですから、IPアドレスを成りすましてしまえば、別人が貴方にカンタンに成りすまして、預金口座の操作をすることができます。

IPアドレスの成りすましは、海外サーバーを転々と経由しているということから、事件捜査が極めて困難であるとも言われており、つい最近もネットでの成りすましで、容疑者ではない方が冤罪で逮捕され、真犯人はいまだに不明であるという事件さえもあります。見つけるのが困難であるのは、そのような悪意に満ちたプログラムを犯罪者が作成しているからに他なりません。

 

私も銀行員時代に銀行との専用電話回線によるバンキングシステムをお客様に提供しておりました。

専用電話回線からインターネットに変化してきたとき、ネットのリスク(いま起こっているような事故・損害・事件)を予見してもいました。

私は個人的には、インターネットバンキングを信頼はしていません。便利さは重々承知していますが、インターネットバンキングシステムは利用していません。

不便さはありますが、銀行やゆうちょのATMや窓口をいまだに利用しています。コンビニATMも使いますが・・・

 

 

犯罪を犯しても平然といられる人達は、我々とはまったく考え方が異なります。

詐欺もそうですが、はじめから騙す目的で、綿密に計画を練っています。

ネットバンクに不正アクセスして預金を盗もうとする犯罪者は、罪の意識はありません。

 

われわれは自己防衛をするしかありません。

インターネットバンキングは完全無欠ではありません。

便利さの裏には隠れたリスクもあることを、やはり忘れてはなりません。

 

インターネット、PC、スマートフォン、タブレット、携帯電話と私たちの身の回りには数多くの情報端末が存在しており、それらはある意味、我々の個人情報を合理的に合法的に吸い上げ、マーケティングにも利用しています。(とりわけ、無料提供のサービスやプログラムには要注意です。)

そこに、悪意のあるプログラムが入り込めば、パスワードや口座番号はいともカンタンに盗まれます。

デジタルとアナログを上手く使い分けるなどして、自己防衛を忘れないようにしましょう。

 

ご訪問ありがとうございます。
今日は です。

不動産担保ローン・事業性ローンの検索はこちら
(お悩みの方、すぐ借りたい方はこちら)


事業性融資・ビジネスローン講座

経営改善・事業再生・再建講座

不動産担保ローン講座

カードローン・キャッシング講座

中小企業の経営指標

よくある質問

無料ダウンロード

ブログ・メモ

プレスリリース NEWS


お気に入りに追加&ATOM FEED

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 購読する
 


TOP