債務者区分とは何ですか?

債務者区分とは、債務者の状況により区分けしたものです。

企業格付けと自己査定により債務者区分が設定されます。

この債務者区分は、金融庁検査、日銀検査にも用いられます。

 

債務者区分は6区分あり、「正常先」、「要注意先」、「要管理先」、「破綻懸念先」、「実質破綻先」、「破綻先」となっています。

(「要管理先」を設定しない金融機関も存在しますので、5分類もしくは6分類ということですが。)

また、大きく分類すれば、「正常先」と「不良先」ということになります。

 

債務者区分の違いは、融資のあらゆる判断や姿勢に影響しています。

「正常先」である場合は何ら気にすることはありませんが。。。

ご訪問ありがとうございます。
今日は です。

不動産担保ローン・事業性ローンの検索はこちら
(お悩みの方、すぐ借りたい方はこちら)


事業性融資・ビジネスローン講座

経営改善・事業再生・再建講座

不動産担保ローン講座

カードローン・キャッシング講座

中小企業の経営指標

よくある質問

無料ダウンロード

ブログ・メモ

プレスリリース NEWS


お気に入りに追加&ATOM FEED

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 購読する
 


TOP