メインバンクは必要ですか?

メインバンクが必要かどうか、これは一概には言えません。

企業として金融機関とどう向き合うかという姿勢にもよるでしょう。

 

考え方にもよりますが、銀行取引は企業の生命線でもありますので、融資を受けている銀行を1つに絞り込むのは、ある意味で「安心感が大きい」反面、「万が一の際のリスクも抱える」という考え方もできます。

 

企業の規模が小規模であれば、融資金額もそうそう大きくはなりません。

必要とされる資金も少ない場合が多く、信用保証協会を利用したり、日本政策金融公庫を利用することが多く、メインバンクは1行でも十分かも知れません。

 

しかしながら、企業規模が大きくなっていき、必要とされる資金量が増えていけば、自ずと取引金融機関も増えていくことになります。

複数の金融機関と取引する際、その付き合い方をどうするか。

たとえばA銀行をメインバンクと決め、その他の金融機関をサブバンクとし、メインバンクへの比重を重くするのも良いでしょう。

また、どの金融機関との付き合いも平均的なバランスを保つとか、融資の申し込みを輪番制にするなども。

 

ただ、貸し手である銀行側からすれば、メインバンクなのかサブなのか、それとも下位なのかによっては、取ろうとするリスクも違ってくるでしょう。

平常時であれば、または企業が抱える問題が潜在的な場合は、メインバンクが無くてもそれほど困ることはないでしょう。

しかし、企業の運営に問題があって、その問題が顕在化した場合、企業を支援してくれる銀行がどの銀行なのか?

これまでの経験では、メインバンクとして常日頃から付き合ってきた銀行があれば比較的スムーズに対処ができると思われます。

 

銀行と企業の付き合いもバランスが必要です。

ただ、会社同士の付き合いとはいえ、そこには人間が存在しています。気分や感情だけで融資の判断をすることはありませんが、何らかの心理的影響が無いとは言い切れないのも実際です。

 

メインバンクが必要かどうか。

それは考え方次第です。

ご訪問ありがとうございます。
今日は です。

不動産担保ローン・事業性ローンの検索はこちら
(お悩みの方、すぐ借りたい方はこちら)


事業性融資・ビジネスローン講座

経営改善・事業再生・再建講座

不動産担保ローン講座

カードローン・キャッシング講座

中小企業の経営指標

よくある質問

無料ダウンロード

ブログ・メモ

プレスリリース NEWS


お気に入りに追加&ATOM FEED

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 購読する
 


TOP