プライムレートとは何ですか?

プライムレートは最優遇貸出金利とも呼ばれるもので、銀行が最も信用力のある企業に融資するときに適用する金利のことです。

銀行の融資金利のなかでは最も低い金利で、融資の下限金利でもあります。

このプライムレートには「短期」と「長期」の2種類があります。

「短プラ」、「長プラ」と呼ばれる金利です。

 

短期プライムレートは、信用力のある企業に対する1年未満の資金に対する金利です。

本来、銀行によって資金調達コストに違いがあるため、プライムレートは銀行ごとにまちまちになるはずですが、大手銀行の発表に追随する格好がいまでも続いています。

都市銀行(メガバンク)が1.475%と設定している場合、地方銀行の多くは+0.25%の1.725%を短期プライムレートとしているようです。

 

長期プライムレートは、長期信用銀行が1年以上の資金を融資するときの金利です。

この長プラは長期信用銀行が発行する金融債の利回りに+0.9%上乗せした水準です。

住宅ローン金利の多くは、この長期プライムレートを基準にしています。

 

銀行の企業向け融資においては、長期資金の場合、どちらのプライムレートを基準にしているでしょうか。

答えは、「短プラ」です。

融資期間の長さに応じて、「短プラ+α」の基準金利を設定しています。

+α の部分は一定の幅で+0.2%毎に年数が長くなればなるほど上乗せされるようになっています。

(短プラ連動型長期貸出金利、短プラ変動型長期貸出金利などと表示されています。)

ご訪問ありがとうございます。
今日は です。

不動産担保ローン・事業性ローンの検索はこちら
(お悩みの方、すぐ借りたい方はこちら)


事業性融資・ビジネスローン講座

経営改善・事業再生・再建講座

不動産担保ローン講座

カードローン・キャッシング講座

中小企業の経営指標

よくある質問

無料ダウンロード

ブログ・メモ

プレスリリース NEWS


お気に入りに追加&ATOM FEED

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 購読する
 


TOP