融資にはどんな種類がある?

融資の種類は大きく分けて、手形割引、手形貸付、証書貸付、当座貸越の4種類があります。

 

手形割引、割引手形は、主に商業手形を期日までの利息を差し引いて、銀行が買い取るものです。

割引(ワリビキ)とよく言われるものです。

 

手形貸付は、借り手を振出人、銀行を受取人とする約束手形を振り出し、銀行から融資を受けるものです。

債務者である振出人が基本的に1名なので、単名手形(タンメイテガタ)とも呼ばれています。

手貸(テガシ)とよく呼ばれます。

手形は振出日から支払日までの期間が一般的に3ヶ月から6ヶ月と短いことから、比較的短期間の運転資金などによく利用されます。(ただし、期日一括返済できない場合も多く、期日に改めて手形を書き換えることが多いでしょう。)

 

証書貸付は、借用証書を用いた融資です。証貸(ショウガシ)といわれるものです。

一般的な融資契約のスタイルになっています。

身近な例では、金銭消費貸借契約証書がありますが、企業の運転資金や設備資金、個人の住宅ローンやマイカーローンのように比較的返済期間が長期の場合に用いられます。

 

当座貸越は、当座貸越契約に基づいて当座預金額を超えて小切手などの資金決済ができるものです。

当貸(トウガシ)といわれています。

当座預金がマイナスになっても契約の範囲内であれば不渡りにはなりません。

また、当座貸越型の融資もあります。当座預金がなくても普通預金を借入(および返済)の口座に利用する貸越契約です。

貸越が発生すれば、普通預金残高がマイナス表示されます。普通預金にセットされたカードローンもこの一つです。

 

なお、近年、銀行のCS活動の一環から、貸付を「融資」と表記することが多くなっていますが、貸付、融資と表記が違っていても意味合いは同じです。

ご訪問ありがとうございます。
今日は です。

銀行、融資、不動産担保、事業性ローンの講座はこちら
(基本や事例を知りたい方はこちら)

不動産担保ローン・事業性ローンの検索はこちら
(お悩みの方、すぐ借りたい方はこちら)

(WEBの活用でお悩みの方はこちら)
 

初回相談無料!! お気軽にお問合せください クリックでSSLセキュリティ対応のお問い合わせフォームが開きます
(お問合せの際はこちらをクリックしてください)



お気に入りに追加&ATOM FEED

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 購読する
 


TOP