日本銀行は何をしている?

日本銀行は日本の中央銀行です。

日本銀行は、発券銀行、銀行の銀行、政府の銀行という3つの役割を持ちます。

また、「通貨の番人」と呼ばれ、国家の金融政策の責任を負っています。

 

発券銀行であって、日本銀行券を発行しています。お金を発行しています。

もちろん政府の許可のもとで日銀が一定の範囲の中で通貨を発行しています。

そして、金融政策として通貨量の調節を行い、通貨の価値を維持することが重要な任務であることから「通貨の番人」と呼ばれます。

 

銀行の銀行というと分かりにくいですが、日本の銀行、証券会社、短資会社などは日本銀行に口座を持っています。

民間金融機関は日銀の口座を使って、民間同士の資金決済や送金などを行っています。また、民間銀行は預金量に応じた準備預金を日銀に積んでいます。

 

政府の銀行。税金や政府収入は最終的に日銀にある政府の口座に入り、支出は小切手で振り出されるように、日銀が国庫金の出納事務のすべてを扱っています。国債の発行・償還・利払いの事務も日銀が行います。

 

ご訪問ありがとうございます。
今日は です。

不動産担保ローン・事業性ローンの検索はこちら
(お悩みの方、すぐ借りたい方はこちら)


事業性融資・ビジネスローン講座

経営改善・事業再生・再建講座

不動産担保ローン講座

カードローン・キャッシング講座

中小企業の経営指標

よくある質問

無料ダウンロード

ブログ・メモ

プレスリリース NEWS


お気に入りに追加&ATOM FEED

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 購読する
 


TOP