金融機関はどんな役割を果たしていますか?

金融機関(銀行など)は、おカネが余っているところから足りないところに融通するときの仲介役を務めます。

 

かなり平たく言えば、預金という形でおカネを集めて、融資という形でお金を融通します。

個人や企業から預金を集めて、また個人や企業に融資をする、この間に立っているのが金融機関です。

 

ほかにも金融機関には為替業務というのがありますが、これは「資金決済」で振込みなどの代金決済もあります。

預金、融資、為替の3つの業務は、金融機関の固有業務といわれています。

 

そのほかには、付随業務として、両替、代金や債権の取立て、官公庁などの金銭出納の取り扱い、債務の保証、債権の引き受け・募集、公共債の売買などもあります。

 

ご訪問ありがとうございます。
今日は です。

不動産担保ローン・事業性ローンの検索はこちら
(お悩みの方、すぐ借りたい方はこちら)


事業性融資・ビジネスローン講座

経営改善・事業再生・再建講座

不動産担保ローン講座

カードローン・キャッシング講座

中小企業の経営指標

よくある質問

無料ダウンロード

ブログ・メモ

プレスリリース NEWS


お気に入りに追加&ATOM FEED

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 購読する
 


TOP