case23・・・ブランディングをやったことがある?

中小企業庁でも中小企業のブランディング、ブランド育成を支援していますね。

それに基づいて、中小企業診断士や経営コンサルタントたちが、専門家として登録して、中小企業へ派遣されることがあります。

 

私も、実はこのブランディングの件で、要請されて、企業へ派遣されることがあります。

私は、自分で会社を持っていて、製品づくりから販売、そしてアフターフォローまで、一気通貫(マージャン用語?)で手掛けていますから、身をもって経験していますから、よく分かりますし、経営者やスタッフがどこで悩むとか、行き詰るとか、分かるんですが・・・

 

多くの中小企業診断士や経営コンサルタントはと言うと、販売、サービス、製造の経験があっても、いま(なう)、自分ではやっていないわけです。現在進行形じゃないわけです。

中には、ブランディングの経験がない方もいらっしゃるかも知れませんね。

 

私は、こういうところに疑問というか不可思議を感じます。

自分でやっていないことでも、知識は本や雑誌で吸収できます。

しかし、限界は分からない。机上の空論になってしまいますよね。

 

実際に、ブランディングが成功するしないは、もちろん、最終的に、クライアントがどこまでやるか、なんですが、実務的に何をするかしないかまで、きちんと支援・アドバイスしていくとか、オペレーションまで面倒みていくとか、細かなことをしないと、このブランディングは実現しないんです。

 

その辺りが、どうなのかなぁ~と素朴に疑問というか不思議だなぁと。

あなたは、中小企業にこそブランド、ブランディングが必要なことを知っていますか?

そして、ブランディングに取り組んでいますか?

コンサルタントに頼むとき、どういうコンサルタントを望みますか?

 

そして、ブランディングに成功すると、何が起こるか知っていますか?

 

ご訪問ありがとうございます。
今日は です。

不動産担保ローン・事業性ローンの検索はこちら
(お悩みの方、すぐ借りたい方はこちら)


事業性融資・ビジネスローン講座

経営改善・事業再生・再建講座

不動産担保ローン講座

カードローン・キャッシング講座

中小企業の経営指標

よくある質問

無料ダウンロード

ブログ・メモ

プレスリリース NEWS


お気に入りに追加&ATOM FEED

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 購読する
 


TOP